« 宗吾霊堂の梅が咲いています | Main | ライトアップされたフロント »

February 16, 2005

江戸時代の人が食べていたお芋?

DSC03331スタッフの最長老?サッチーがラジオで聞いたので、ぜひ作ってみようよと提案してくれたお惣菜の一つです。何に見えますか?これは江戸時代の人たちが食べていたと言われる?お芋の田楽。さつま芋をすりおろして、ほんの少し片栗粉を加えてから、平らに伸ばして蒸し器で蒸します。味噌とみりん、砂糖で練り味噌を作り、蒸しあがったお芋を切って、上から塗って少々オーブントースターで(昔は炭焼き?)焼いたものです。
お味のほどは、手間がかかったわりには素朴で地味でした。でも昔はさつま芋をすりおろしてから蒸すと言う大変なことを日常的にやっていたんだなあ・・・と改めて、「すりおろし料理」の減ってしまったことを実感しました。
でも料理は手間をかけただけのことはあると思っているので、忘れかけているそんな懐かしい味があったら、これからも再現してみたいな。

|

« 宗吾霊堂の梅が咲いています | Main | ライトアップされたフロント »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78167/2963324

Listed below are links to weblogs that reference 江戸時代の人が食べていたお芋?:

« 宗吾霊堂の梅が咲いています | Main | ライトアップされたフロント »