« 土壁には草木染がよく似合う | Main | あまーい卯の花 »

March 19, 2005

ひき肉みたいな雑穀タカキビ

DSC03636人参と一緒に炒めているものなあーんだ? タカキビってすぐにわかった方はけっこう雑穀通?。知らない方は見た目からひき肉?と思われるようです。このタカキビ、赤くて粒の大きな雑穀で「コーリャン」とも呼ばれているようです。その触感や外見がひき肉にそっくりなので、うちではギョーザの中に入れたり、マーボー豆腐に入れたりして楽しんでいます。今日は人参と昆布と一緒にキンピラにしました。と言ってもタカキビをそのまま炒めればOKというわけではありません。雑穀には必ず「炊く」という作業を加えなければ使うことができないのです。このタカキビも洗ってから一晩浸水させて圧力鍋で炊きました。郡上八幡で栽培されているのですが、タカキビ餅を作る時は浸水しすぎることはないと言われ1週間も浸水することがあるそうです。確かによく水を吸ったタカキビはふっくら炊けておいしいです。うまく炊けるとムチっとしていてツヤツヤ!何とも言えずおいしそう(実際においしい)です。私の好きな雑穀の一つです。

|

« 土壁には草木染がよく似合う | Main | あまーい卯の花 »

Comments

大好きな栄子さんへ
今日はうさとさんの展示会&お話楽しかったですね。ありがとうございます。
紫芋のケーキも美味しかった!
ますますステキな風楽になってゆきます!
また遊びに伺いますね。 カオンより

Posted by: 甲斐カオン | March 21, 2005 at 08:45 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78167/3358410

Listed below are links to weblogs that reference ひき肉みたいな雑穀タカキビ:

« 土壁には草木染がよく似合う | Main | あまーい卯の花 »