« 大豆は料理の強い味方 | Main | 石窯でパンを焼く »

March 29, 2005

意外なおいしさ白子の燻製

DSC03726定食のメインのお皿に添えたサラダが余ったので、家で鮭の白子の燻製フレークをかけて食べた。写真で見るとまるで鳥のひき肉みたいでしょ?友達が北海道で作っている珍味だ。添加物が大嫌いで旨い酒を飲むために旨い肴がほしいと思い、自分で作ることを始めた。北海道の人に言わせれば鮭の白子なんてまず加工してまで食おうとは思わない・・・のだそうだが、彼は本州から移住した人なので栄養豊かな白子が無造作に棄てられてしまうのを見るに見かねて燻製作りを思い立つ。細胞の若返りパワーである「核酸」をたっぷり含む白子は海のチーズとも言われている。私は肉は食べないけれど魚は時々食べる。でも内臓は苦手だ。だけどこれが白子だなんて、実際に食べてみても信じられないほどおいしいのだ。この他、スモークサーモンや鮭トバ、ホタテや鱒など季節によって様々な燻製を作っているが調味料にもこだわり、全て無添加で手作りしている。だからできる量もそれほど多くないので、たくさん作れた時だけ店に送ってもらっている。レジ脇で見かけたらぜひお試しを!

|

« 大豆は料理の強い味方 | Main | 石窯でパンを焼く »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78167/3486828

Listed below are links to weblogs that reference 意外なおいしさ白子の燻製:

« 大豆は料理の強い味方 | Main | 石窯でパンを焼く »