« 地球を生きる子どもたち | Main | 黒米を取りに農家さんへ »

May 30, 2005

慎独

DSC04459久しぶりにお世話になっている曹洞宗のお寺の大黒さんがお店に来てくださった。今日は肌寒い雨の一日。お店もヒマだったのでフロア席で大黒さんとお話する。大黒というのはお寺の言葉で住職を支える大黒柱、つまり奥さんのことを言う。そのお寺は誰がいつ訪ねてもいいように24時間鍵をかけない。住職さんと大黒さんはお寺を一つのコミュニテイにしていこうと毎月、写経の会をやったりコンサートやサンガを開いたりしている。芸術や文化にも造詣が深く国際ボランテイアにも熱心だ。私が店を作る時は内装工事を手伝いに来て下さったり、お店にNGO招聘事業の一貫としてザンビアからの歌舞団をお招きした時など10人ものゲストの宿泊を受け入れて下さった。何しろ仏教という宗派を超えたアクティブな方で私はひそかに「スーパー大黒さん」と命名し尊敬している。今日は茶道の経典より「慎独」という言葉を教えてくださった。一人でいる時にこそ慎みをもって己を身を律する。誰もみていない誰も何も言わない…からではなく、自分のために自分を慎むということ。素敵な言葉だ。書道の師範である大黒さんは、今年この言葉を何度も何度も書きこんだと言う。私も急に筆が持ちたくなった。好きな言葉を筆で表現するのは心静まる時間だ。私が石に書いた「感謝」と「ありがとう」。いつでも目の留まる場所に置いてある。

|

« 地球を生きる子どもたち | Main | 黒米を取りに農家さんへ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78167/4342825

Listed below are links to weblogs that reference 慎独:

« 地球を生きる子どもたち | Main | 黒米を取りに農家さんへ »