« 束の間のイタリアン | Main | カキ氷の季節 »

July 08, 2005

玄米精進ちらし寿司

DSC04748夏の間はどうしても食欲がなくなってしまう。そういう時には寿司飯やさっぱりした麺類が食べやすい。7月からスタートした夏季限定メニューの一つがこの玄米寿司。お寿司と言っても魚介類が乗っているわけではない。椎茸、人参、高野豆腐を煮たものと、錦糸卵の変わりに炊いた粟のそぼろ、青じそ、海苔、白ゴマ、紅しょうがなどをかけていただく。今日は暑かったので玄米寿司が人気だった。これにお味噌汁、煮豆、お新香、野菜のお惣菜が一鉢、デザート、コーヒー付で1200円。寿司飯は普通、水加減を控え目にしてご飯を炊くのだが、玄米の場合、水分が少ないと固くなってしまうので炊き方はいつも通り。寿司酢は梅酢とみりんを使って作っている。どちらかと言えば夏になると重たいなあと感じてしまう玄米だけど、こういう食べ方だと食もすすむ。
昨日から3日間、地元成田の七夕祭りでもある祇園祭が始まった。夕方になるとあちらこちらで浴衣を着て成田山の参道に向かう人たちを見かける。梅雨明けまではあと一歩だが、祭りが終わるといよいよ本格的な夏が始まる。

|

« 束の間のイタリアン | Main | カキ氷の季節 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78167/4878623

Listed below are links to weblogs that reference 玄米精進ちらし寿司:

« 束の間のイタリアン | Main | カキ氷の季節 »