« 忙しかった一日 | Main | 今日は白和え »

July 01, 2005

おにぎりに愛をこめて

DSC04679店の単品メニューで人気があるのがこの玄米の焼きおにぎり。おにぎりをオーブントースターで焼いてから、仕上げにフライパンの上で焦げ目をつけて醤油をジュッとたらします。厨房中、醤油の香ばしい匂いが充満(ただし換気扇をつけていないと大変なことのなりますが!)。玄米と醤油と言うのは実に相性がいいのでとても美味しくて食がすすみます。あまりご飯が食べたくないなあ・・・という時でも焼きおにぎりにするとペロリと食べられてしまうのです。
岩木山のふもとにある「森のイスキア」という宿泊施設をやっている佐藤初女さんはおにぎりの名人。初女さんのおにぎりを食べて涙を流して喜んだ人が大勢いるそうです。自殺をしようとした人がおにぎりを食べて思いとどまったという話もあります。私も彼女のおにぎりをいただいたことがあるのですが、ふわっとしていてお米がつぶれていなくて、にぎった人の思いのようなものが伝わってくるそれはやさしいおにぎりでした。でも特別な作り方をされているわけでは決してないのです。何が違うんだろうってずっと考えています。本当にごくごく当たり前にお作りになっていらっしゃるのです。私はそれがすごいなあと思います。そして食べ物に携わる仕事をさせていただいて、私もいつかあんなふうにさりげなく当たり前のことを普通にできるように、そしてそこにきちんと思いがこめられるような、そんなおにぎりを結べるようになりたいなと思っています。


|

« 忙しかった一日 | Main | 今日は白和え »

Comments

おにぎりは、握り手の気持ちがストレートに表れます。具なしでも人によって味わいの変わる奧の深い料理ですね。
それにしても画像の料理美味しそうです。
色合いと香ばしさが食欲を引き出してくれそうです。

Posted by: はるぽん(昌谷治彦) | July 01, 2005 at 10:48 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78167/4786861

Listed below are links to weblogs that reference おにぎりに愛をこめて:

« 忙しかった一日 | Main | 今日は白和え »