« 本屋さんに出かける | Main | 木頭柚子しぼり »

July 29, 2005

いぐさの草履

DSC04875夏になると私がずっと愛用しているのがこのいぐさの草履(ぞうり)。毎年1足ずつ同じものを買い続けかれこれ8年くらいになる。草履の産地として、わが国トップをいく奈良県の三郷町で作られている「ミサトっ子」のいぐさの草履だ。何と行っても履き心地がいい。素足で履いているといつも畳の上を歩いているのと同じような感触でいられる。先日の朝日新聞でも子どもの足のためにいぐさの草履を上履きにしている学校があると紹介されていた。子どもは素足が一番。上履きなんてない方がいい。このミサトっ子は日本伝統の草履を、国立兵庫教育大学の原田碩三先生が、足の健康促進のために設計し直したものなので、土踏まずの形成や足の指で踏ん張ったりするためにちょうどよく作られている。最初はキツイかなと思う鼻緒も履いているうちに足にちょうどよく馴染んでくる。それに涼しいし足にフィットするので疲れない。夏の間は厨房でもフロアでも東京に出かける時も、いつでも私はコレを履いている。タイに買い付けに行く時も一緒だ。アジアを旅している時にスコールに遭ったら迷わずに草履をリュックの中にしまい素足で街の中を歩く。いぐさは雨に弱いからだ。難点と言えばあんまり気持ちよすぎて他の靴を履けなくなってしまうこと。寒くなる頃に何を履こうか、靴選びが毎年悩みの種になる。店でも販売しています。一度履いたら止められません。ぜひどうぞ。1足1800円。

|

« 本屋さんに出かける | Main | 木頭柚子しぼり »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78167/5215971

Listed below are links to weblogs that reference いぐさの草履:

« 本屋さんに出かける | Main | 木頭柚子しぼり »