« 初物の小松菜 | Main | ジェノベーゼポテト »

September 27, 2005

印旛の家 GALLERY

DSC05389今日は開店と同時にお客様が次々に来てくださり、お子さん連れで9人の若いママたちのご来店もあったりして、厨房は大忙し。洗わなくてはならない食器が棚にどんどんたまっていき、定食も完売。同じ30人分のお食事をお作りするにも少しづつお客様が来て下さるのと大勢で一度に来て下さるのとでは、ご用意する心構えが違う。いつも穏やかにいたいと思いつつ、こういう時ってやっぱり少し焦ってしまうなあと反省。空っぽになった鍋やバットを洗いながら、スタッフのユキちゃんと今日はさっと閉めて近くにあるギャラリーに行こうと車を走らせた。
旦那様が建築家、奥様が陶芸家という高野さんご夫妻は、印旛村にある古民家を改築して建築事務所とギャラリーを建てられた。ギャラリーでは毎月、展示会が開かれ、今回は高野さんの花器や鉢の他、和布を使ったオリジナル服などが展示されている(9月30日まで)。緑に囲まれた木のぬくもりのある建物は、そこにいるだけでほっと和める。お茶を入れていただきながら高野さんとしばし談笑。大きな窓には秋の田園風景が広がり、つい先ほどまでアタフタと厨房を駆け回っていたのがウソのような時間が流れていた。風楽から車で10分ととても近ので、店にいらした時はぜひ足を伸ばしてみてください。素敵な場所です。写真は天井に大きく組んである梁と明かり取りにもなっているガラスのを下から写したもの。印旛村山田683 0476-98-1322

|

« 初物の小松菜 | Main | ジェノベーゼポテト »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78167/6144241

Listed below are links to weblogs that reference 印旛の家 GALLERY:

« 初物の小松菜 | Main | ジェノベーゼポテト »