« マクロビオテックの方のお誕生ケーキ | Main | 初物の小松菜 »

September 25, 2005

タカキビのハンバーグみぞれあん

DSC05380今日の定食はタカキビのハンバーグを作った。一晩浸水して同量の水で炊いたタカキビはまるでひき肉のようだ。そこにゴボー、人参、玉ネギなどを炒めて加え、小麦粉で固さを調整して丸めて焼いてハンバーグにした。タカキビソーセージのホットドックは軽食としても人気がある。今日は大根が手に入ったので大根おろしにしたものに人参と玉ネギを加えてみぞれあんにした。この時期、千葉ではほとんど大根がない。おかげさま農場直売所の冷蔵庫に入っているのを見つけて「ああ、珍しい!」と言ったら、これは夏越し大根と言って、春大根の葉を落として袋に入れて冷蔵庫で貯蔵したものだと教えていただいた。東北の方では越冬野菜というのがあるけれど、保存の方法によっては夏も越せることができるんだと知って驚いた。「ほとんど出荷はしていないけれど多分、スも入っていないと思うから食べてみて」と言われて久しぶりに大根をいただいた。もちろん採れたての冬大根の旨みにはかなわないけれど、まだ充分みずみずしさが残っていた。生活の知恵ってすごいなあと思った。お彼岸を過ぎるとそろそろ夏野菜よりも根菜が恋しくなってくる。今日の関東地方は台風の影響で風が強く、せっかくの日曜日だというのに人出の少ない一日だった。

|

« マクロビオテックの方のお誕生ケーキ | Main | 初物の小松菜 »

Comments

優嵐さんありがとう。
雑穀って意識してみていないと、わからないのですが、意外と田んぼのあぜ道に勝手に自生していたりするんですよ。ヒエはけっこうみつけられます。でもそれを脱穀して食べようとする人は少ないのでしょうけれど。タカキビはコーリャンと言われてお酒にもなっていたみたいです。そういえば防砂林の近くに植えられていたわ・・・あれが食べられるなんてね・・・と懐かしげに話されるお客様もいました。「紅いコーリャン」という中国映画もありましたっけ。

Posted by: 風楽 | September 26, 2005 at 06:52 PM

今夜もこちらへ。

やっぱり、おいしそうですね。
タカキビなんて見たこともないのですが、
食べてみたくなります~。

食に関する昔の人の知恵ってやはりすごい
ですよね。今とちがって貯蔵技術もつたない
時代にいろいろ工夫しているのですから。

Posted by: 優嵐 | September 26, 2005 at 12:22 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78167/6113779

Listed below are links to weblogs that reference タカキビのハンバーグみぞれあん:

« マクロビオテックの方のお誕生ケーキ | Main | 初物の小松菜 »