« みかん狩り | Main | 車麩のカツ »

November 03, 2005

秋の酵素作り

DSC05734今日、店が終わってから秋の酵素作りをした。酵素とはさまざまな化学変化を、スムーズに進行させる仲介役をしている特殊なタンパク質のことを言う。体に必要な栄養素を分解、吸収し、細胞を組み立てているのも酵素だ。十勝均整社の「人類の命を救う手作り酵素」(河村文雄著)という本を読んだ時、これからの健康のキーワードは発酵だなと直感した。そして腸内細菌をもっと増やし健康を維持するためにも酵素を作ってみたいと思い、手作り酵素指導員である中山要さんの所へ行って作り方を教えていただいた。以来、春の野草、初夏の梅、秋の玄米、野菜の酵素を手作りしている。手作りだと自分の手についている常在菌を取り入れながら発酵が進むので、体に合った酵素ができる。忙しいのでもう今年は仕込めないかなと半ば諦めていたのだが、友達と一緒に作ろうと約束していたので、何とかやることができた。一人だったら決心も揺らいでしまっただろう。昨夜のうちに20種類もの豆や玄米、雑穀などを水に漬け込み準備しておいた。そして手分けして用意したリンゴ、みかん、花梨、キノコ、柿、栗、野菜、むかご、木の実、どんぐりなどを、二人でおしゃべりしながら、ザクザクと切って砂糖と一緒に樽に漬け込んでいく。材料の種類が多ければ多いほど微生物の数も増える。今回、用意した材料は全部でなんと45種類!楽しくおしゃべりしながら何ともいい気分だったので、ただ切っただけで、すごく美味しい酵素を仕込めたような気になってしまった。この後、毎日樽の中に手を入れてかき混ぜていると水分があがってくるので、1週間後にザルで漉して出来上がり。これを希釈して毎日飲むだけで腸内のバランスがよくなるのだ。手軽に作れて体にもいいので、手作り酵素は今や私の必需品?になってしまった。写真は様々な材料を切って樽に入れたところ。これだけでもいい香り。美味しそうでしょ?さて今年はどんな味になるのかな、とても楽しみ。

|

« みかん狩り | Main | 車麩のカツ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78167/6883424

Listed below are links to weblogs that reference 秋の酵素作り:

« みかん狩り | Main | 車麩のカツ »