« 秋の酵素作り | Main | テンペのマリネ »

November 04, 2005

車麩のカツ

DSC05735今日は車麩をカツにした。付け合せはカブと粟との炊き合わせ。「今日のメニューはお麩カツです」と言うと、たいていは「・・・オフカツ??」という感じで間があくことが多い。確かに聞きなれない単語だ。でも肉を食べないベジタリアンにとっては小麦粉や大豆は貴重なタンパク源なので、定番メニューでもある。店で使っているのはオーサワジャパン車麩だ。オーサワジャパンとは、マクロビオティックを提唱する日本CI協会の食品事業部として昭和23年に創業された会社で、安心して使える食材を多数扱っている。この車麩も国産の全粒粉を使用し、膨張剤などを一切使わずに作られている無添加のもので、とにかく独特の旨みと風味がある。素揚げしてから味をつける方法もあるが、店ではもどしてから下味をつけ衣をつけてカツにしている。本当はタイヤのような車麩をそのまま揚げてダイナミックにお出ししてみたいと、ちょっと思ったりするのだが、丸いまま揚げるとかなりのボリュームになってしまうので、半分に切って使っている。大根おろしやポン酢でいただくととても美味しいし、触感はモチモチっとしていてまるで肉のような感じなので、知らないで口に入れた方は、まさか正体がお麩だとは想像もできないだろう。以前、地元のお祭りの時に店頭でこのお麩カツを販売したのだが、「オフカツいかがですか~」といくら大声をあげてもほとんど反応がなかったことを懐かしく思い出す。このメニューがトンカツと同じくらい?お馴染みになるのは一体いつなんだろう・・・?

|

« 秋の酵素作り | Main | テンペのマリネ »

Comments

和喜さんありがとう。
自然食というのは不思議な食材や、食べたことがない料理が多いと思われることが多いのですが、そんなことはなくって、きちんと作られているものは素材そのものの美味しさがあるから、それだけで美味しいんですよ・・・・ってそういうことをキチンとお伝えしていけるお店になっていけたらなと思っています。いろいろなものが早く市民権を得ていってくれたらなあと思っています。そのためには美味しいものをつくり続けなくては・・・!

Posted by: 風楽 | November 05, 2005 at 09:20 PM

お馴染みになる日 その日は、きっと来る、来ると信じている、来るかも知れない、たぶん 来るんじゃ無いでしょうか!? 
そう言えば、あの鳥さんのお肉もどきの揚げ物も とってもおいしいですね。

Posted by: 和喜 | November 05, 2005 at 12:32 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78167/6895108

Listed below are links to weblogs that reference 車麩のカツ:

« 秋の酵素作り | Main | テンペのマリネ »