« 絵本を読む時間 | Main | 冬瓜と大豆タンパクの旨煮 »

December 10, 2005

北海道から届いたスモークサーモン

DSC06090北海道の海の幸を使って燻製を作っている友人からスモークサーモンが届いた。北海道産の鮭を使って自然塩だけで加工したシンプルなスモークサーモン。トロリとしていてまるで生ハムのような美味しい冷燻のサーモンだ。ブナやカバの木のおが屑を使って20時間近くゆっくりじっくりと時間をかけて低い温度で煙をかけたピッカピカのサーモン。アイヌの人たちは鮭を「カムイチェプ(神の魚)」と呼び神に捧げたり信仰の対象となる特別の魚だった。身の回りのものは全てカムイの国からやってくる。鮭もまた神の国からやってきて人間の国で食べものになり、また神の国へ帰っていく。だから採る前には鮭迎えの儀式が行われているそうだ。そうしたアイヌの考え方に影響を受け、北海道に移住して燻製作りを一から始めた人だ。一人で地味に燻製を作っている職人気質の人なので、添加物を一切使わず調味料にもこだわって採算度外視。本当に納得のいくものだけを作っている。もちろん鮭は丸ごとさばいて捨てる部位もない。遊びに行った時に食べさせてもらったスモークサーモンがあんまり美味しかったので、ぜひ店でも扱いたいと去年からお願いしておいた。寒くなるのを待って低い温度で燻煙をかけてようやく美味しいサーモンが出来上がった。今日、届いたばかりの箱を開けてさっそくスモークサーモンのマリネを作ってもう大感激!限りなく生に近くて鮭の風味がそのまま残っている。もちろんそのまま食べてもとろけるように美味しいのだ。
*一箱500g入り2500円。3つのブロックに分けて真空パックで冷凍してあります。市販のものより格安でしかも美味しくって安心して食べられるスモークサーモン。クリスマスやお正月にいかがですか?冷蔵のショーケースが店にないので奥にしまってありますが、ご希望の方、お声をかけてください。箱入りなのでご贈答用にもなりますし、ご希望があれば発送(送料別)もします。よかったらどうぞお試しください。自信を持ってオススメします!

|

« 絵本を読む時間 | Main | 冬瓜と大豆タンパクの旨煮 »

Comments

ビオラさんコメントありがとうございます。それと本当にゴメンなさい。お名前をお聞きしていなかったので、どうしたものかと悩んでいたところでした。でもブログにスモークサーモンのことを書いたのだから、ブログでお知らせすれば、もしかしたら来てくださった方がわかるのではないかと思ってコメントを書いたのでした。
せっかく買いに来てくださったのに、申し訳ありませんでした。まだストックはありますので、どうぞまたお寄りになってくださいませ・・・。

Posted by: 風楽 | December 12, 2005 at 07:09 PM

えいこさん(こうしてお呼びできてうれしいです)
あれは私のオットです、はは~。
私が風邪気味なので、おつかいを頼んだのですが、調度成田方面に用事があっての「ついで」でしたので、どうぞご心配なさいませんように。
これで晴れて(?!)、また風楽さんへランチを頂きにに伺うチャンスができました、うれしい!
急に冷え込んで来ましたので、風楽の皆様もお気を付けてくださいね。

Posted by: ビオラ | December 11, 2005 at 04:21 PM

ブログを読んで日曜日の午前中にスモークサーモンを買いに来て下さったお客様。大変失礼致しました。ほんのちょっと買い物に出ていた間だったので、スタッフにサーモンのことを伝言しないで出かけてしまいました。冷凍庫にしまってあったのですが、わからなかったみたいで申し訳ありません。しばらくストックはありますので、どうぞまたお時間のある時にでもおいでくださいませ。本当にゴメンなさい。

Posted by: 風楽 | December 11, 2005 at 02:05 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78167/7557386

Listed below are links to weblogs that reference 北海道から届いたスモークサーモン:

« 絵本を読む時間 | Main | 冬瓜と大豆タンパクの旨煮 »