« スコーンのデザート | Main | ホッケのすり身入りキンピラ »

December 13, 2005

ゴボーと人参の煎り煮

DSC06105
昨日、おかげさま農場の直売所に行った時、お当番をしていた農家の方が「今日のうちのゴボーは飛び切りおいしいですよ!」って声をかけていただいた。いつももちろん美味しい野菜たちなのだが、特にオススメとあっては、作る方もはりきりたくなるというもの。「素材を生かしてより美味しくお料理させていただこう!」と、いつもよりも気合が入る。まだ土が乾かないゴボーをブツブツと切って、あく抜きをしないでそのまま、人参とコンニャクと唐辛子と一緒にゴマ油でさーっと炒める。そして出汁と隠し味にほんの1個の梅干を加えて、コトコトとフタをしないで煮込む。作っているそばからゴボーのいい香りがしてきて、キレイなその姿にうっとり。コレは美味しく煮えるに違いないと確信する。私はゴボーやレンコンが大好きだ。歯ごたえと独特の香りがたまらない。アツアツを骨董の青皿に乗せて、湯気も一緒に写そうと思った。デジカメに湯気がかかって曇りそうになるのを必死によけながら?、美味しい煎り煮の出来上がり!実物よりも美味しそうに撮れたかどうか心配だけど、とにかく美味しく煮えたことだけは確か。
太くてごつくて、ゴロゴロしているけれど、これがホンモノの味だ~と感動する。新鮮な採れたて素材に出会った時、それに見合う料理が作れたら、調理人もまたハッピイになる。
今日はこれから六本木のライブハウス「スイートベイジル」へライブを聴きにいく。美味しいものが作れたノリで楽しい時間が過ごせそうだ。

|

« スコーンのデザート | Main | ホッケのすり身入りキンピラ »

Comments

いちさんありがとう。
今もすっかりライブの余韻に浸っています。すごくいいライブでした。店でも今週末はおおたか静流さんのライブがあります。何だか12月は生音づいています。楽しいな♪

はるぽんさんありがとう。
ゴボーと鶏肉というのは相性がいいですね。山形の友人の家に行った時、お雑煮はゴボーと大根の拍子切りに鶏肉でした。テンペは似合うかなあ。テンペは煮込むと美味しくなくなってしまうので、揚げて添えた方がよさそうですね。

Posted by: 風楽 | December 14, 2005 at 10:37 PM

土の香りのする煮物ですね!
私は牛蒡の煮物と揚げ物(フライドゴボウ)が
大好きです。
煮物は沖縄風味『グンボーイリチー(牛蒡の炒め煮』にしてたくさん食べます。昆布だし、味噌風味に仕上げ、具は牛蒡と本来なら鶏肉を使用するのですが、えぽさんならテンペを揚げて加えてみても面白いかも知れません。
私の得意料理のひとつです(*^_^*)

Posted by: はるぽん001(昌谷治彦) | December 14, 2005 at 09:00 PM

美味しそうに撮れていますよ~。
私もにんじん、ごぼうなどの根菜類が大好き!このお皿ぺロリといけそうです(笑)

LIVEはいかがでしたか?
生演奏は心にグッと来ますよね♪
二胡とピアノなんて聴いてみたい!

Posted by: いち | December 14, 2005 at 12:55 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78167/7599864

Listed below are links to weblogs that reference ゴボーと人参の煎り煮:

« スコーンのデザート | Main | ホッケのすり身入りキンピラ »