« 卵と砂糖を使わないきな粉のケーキ | Main | 友達と店で忘年会 »

December 06, 2005

ふろふき大根

DSC06037大根を昆布と一緒にコトコト煮てふろふきにした。今日のタレはグルテンミートを生姜味で長ネギなどと一緒にそぼろにしたもの。寒くなってくるとこういうアツアツの根菜料理が嬉しい。もう少ししたら三浦大根も登場するだろう。そうしたらトローリと美味しい大根を煮ることができる。一晩ごとに寒くなり霜がおりて、冬野菜が甘く美味しくなっていく。寒いのは苦手だけれど、こうした季節の中で体を整えてくれる野菜たちがすくすく畑で育っているのだと思うと、季節の変化もまた楽しいものとなる。今日は私の好きな詩人長田弘の「ふろふきの食べかた」のほんの一節を。

      そうして、深い鍋に放りこむ。
      そこに夢を敷いておいて
      冷たい水をかぶるくらい差して
      弱火でコトコト煮込んでいく。
      自分の一日をやわらかに
      静かに熱く煮込んでいくんだ。
      こころさむい時代だからなあ。
      自分の手で、自分の
      一日をふろふきにして
      熱く香ばしく食べたいんだ。
      熱い器でゆず味噌で
      ふうふういって。

|

« 卵と砂糖を使わないきな粉のケーキ | Main | 友達と店で忘年会 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78167/7494478

Listed below are links to weblogs that reference ふろふき大根:

» 「ふろふきの食べかた」の味 [SSD通信]
 『スロー・イズ・ビューティフル』読了。生き方や世の中のことを考えている人、誰にも奨めたい本である。つまり、どの書店にも置いて欲しい本である。    辻信一はあとがきで長田弘の詩「ふろふきの食べかた」を紹介している。あまりにもいい詩なので、ここでも紹介せ....... [Read More]

Tracked on January 14, 2006 at 04:42 AM

« 卵と砂糖を使わないきな粉のケーキ | Main | 友達と店で忘年会 »