« ヤーコンの素揚げ | Main | ホッケのすり身とジャガイモの揚げ煮 »

January 09, 2006

里芋のコロッケ

DSC06295煮物の定番である里芋だけど、カレーやシチュー、コロッケなどにも活躍してくれる。里芋のコロッケなんてちょっと聞き慣れないけれど、あのねっとり感が美味しさの秘密。でんぷん質が多いけれどローカロリーなのも嬉しい。それにぬるぬる物質は血圧や血中のコレステロールを下げる効果や脳を活性化する効果があると言われている。さらにお腹の調子を整えてくれるし、食物繊維も多いので、便秘の解消にも役立つという女性の味方。このコロッケは洋風にしないで、ゴボーや長ネギ、人参のみじん切りをゴマ油で炒めて和風仕立てにした。だからソースよりも醤油を添える。
里芋にはもう一つ忘れてはならない働きがある。最近は若い頃に比べて激しく動く機会が減ったので、打ち身や捻挫などをすることも少なくなってきたけれど、おっちょこちょいの私はしょっちゅうあちらこちらにアザを作ったり、知らないうちに足腰を痛めてしまうことが多かった。その時にシップ代わりに使っていたのがこの里芋だ。里芋の皮をむいてすりおろし、生姜のすりおろし少々と小麦粉を入れて混ぜていく。それをガーゼの上に伸ばしてシップのように患部に貼り付ける。里芋の持っている消炎効果で痛みと腫れを軽減してくれるのだ。私は市販の薬というものを一切使わないので、何かあった時も野菜や野草などの力を借りながら体を整えてきた。ケミカルなものに比べると効き目はゆっくりだけど、副作用がないので安心して使うことができる。いろいろな民間療法のことをもっとお知りになりたい方は東城百合子さんの「家庭でできる自然療法」の本がオススメ。困った時のお助けマン。我が家のバイブルにもなっている。

|

« ヤーコンの素揚げ | Main | ホッケのすり身とジャガイモの揚げ煮 »

Comments

風の子さんありがとう。
食べ物は本来、人間に力を与えてくれるものだと思っています。だからきちんと育てられた野菜や玄米をよくかんでいただくと、自ずと元気になっていくのではないかなあ・・・と私は信じているんですよ。風楽のご飯を食べて1週間がんばろうって思っていただくことができたら、すごく私も嬉しいです。またいらしてくださいね~。

Posted by: 風楽 | January 10, 2006 at 08:04 PM

今日は、今年初の定食を頂きました。里イモコロッケ美味しかったです。好き嫌いの多い私ですが、なぜか風雅さんに伺うと残さず食べてしまいます。大抵は日曜のお昼に定食を食べ、一週間を頑張ろうという気になります。これからもよろしくお願いします。

Posted by: 風の子 | January 09, 2006 at 07:41 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78167/8078302

Listed below are links to weblogs that reference 里芋のコロッケ:

« ヤーコンの素揚げ | Main | ホッケのすり身とジャガイモの揚げ煮 »