« 佐原のごま油屋さんに取材へ | Main | 豆腐クリームのケーキ »

February 10, 2006

スーザンオズボーンのコンサート

DSC06629私にとって今日はとびきりスペシャルな一日だった。午前中は厨房に入りいつものように定食の支度をして午後から「女性起業支援講座」の講演のため印西市の会場へ。あまりの無謀な私の人生を?ありのままにお話しすぎてしまったのではないかと心配になりつつ、講演が終わると大急ぎで戻って今度は恵比寿へ。一昨年店にお招きしたスーザンオズボーンと再会するためだ。
あの時は「響きあう」というテーマでスーザンのトークとアカペラ、そしてオーガニックフードのパーティという私にとっても忘れられない幸せな一日となった。今回は1月に発売されたピアニスト木原健太郎さんとのコラボレーションアルバム「LOVE SONGS FOR TWO」(ポニーキャニオン)のプロモーションのため来日した。とても好評のようで先日「題名のない音楽会」の収録も終わり近々放送されるそうだ。そのお二人を囲む懇親会とミニライブが恵比寿で行われご招待していただいたのだ。映画「地球交響曲」の龍村仁監督や音楽業界の方たちが多い中、私のような小さな店の店主が列席していいのかなあと隅っこの方でお料理を食べていたのだが、いざスーザンの歌が始まるともう体が勝手に動いてしまって吸い寄せられるようにスーザンの真正面に移動。それこそスーザンの歌っている口の中から奥歯が見えるくらい?!の至近距離でその歌声を堪能させていただいた。ニューアルバムの中から「IN MY LIFE」や「MOON RIVER」など数曲、そしてアンコールには私のテーマソングであるキャロルキングの「YOU'VE GOT A FRIEND」を熱唱。
スーザンの歌声はまさに音魂。歌声がこんなに魂にまで響き渡るなんて・・・いつのまにか涙が流れてきてしまうのだ。今年の秋には再び来日してコンサート活動をする予定だそうだ。もうあの集いは一生に一回だけのもの・・・と思っていたのだが、帰り際にスーザンとお話して「ぜひまたお店で歌ってください!」とお願いしてしまった。
店にいらした時、スーザンが「この店は愛と自然に満ちているとても気持ちのいい空間ね」と言ってくださったことが私は何より嬉しかった。なぜなら私自身が自分の店をそういう場所に育てていきたいと思っていたからだ。スーザンは歌声とその存在で人々に愛とパワーを与えてくれる。ささやかながら私もお作りさせていただく食べ物でお客様に元気をお分けできるような、そんな店創りをしていきたい。私のような者まで忘れずに招待してくださったスーザンのご配慮に心から感謝。あと半年ちょっと。またスーザンの声が店に響く日を心待ちにしていよう。

|

« 佐原のごま油屋さんに取材へ | Main | 豆腐クリームのケーキ »

Comments

風花さんありがとう。
昨日は印西の講演へも来てくださってどうもありがとうございました。でも体操服の話(わかる人だけわかる)はバラしちゃダメですってば~!!。想像して受けてる分にはいいですが、実際に会ったら大ヒンシュクですからね!?

Posted by: 風楽 | February 11, 2006 at 10:18 PM

印西市の講演 とても楽しかったです。
なにより タイで体操服を着ている(わかる人だけわかる)風楽さんを想像したら コントみたいで 受けまくってしまいました。いいですね。
風楽さんを見てると 生きてる!って感じで。これからもそんな感じでいてくださいね。

Posted by: 風花 | February 11, 2006 at 07:26 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78167/8589756

Listed below are links to weblogs that reference スーザンオズボーンのコンサート:

« 佐原のごま油屋さんに取材へ | Main | 豆腐クリームのケーキ »