« スーザンオズボーンのコンサート | Main | 極小粒大豆とヤーコン、リンゴのサラダ »

February 11, 2006

豆腐クリームのケーキ

DSC06634連休でいいお天気だったにもかかわらず、一体どうしちゃったの?・・・というくらい暇な一日だった。みなさんどこかにお出かけだったのだろうか?でもこういう日はストック作りができるいいチャンスだ。八方出汁を取り、出汁ガラの昆布と椎茸を佃煮にし、ムラサキ芋が手に入ったので人気のタルトを焼いた。それともう一つ、前から作りたかったマクロビオティック流の豆腐クリームのケーキを試作した。スポンジは卵を使って普通に焼いたものだが、上に乗せるクリームは豆腐や米飴、メイプルシロップ、寒天などで作った。2年くらい前に新宿伊勢丹7階にあるマクロのレストラン「チャヤマクロビオティック」に行った時、ノンシュガー、ノンエッグで作ったショートケーキを初めて食べた。一般のケーキと比べたら風味や甘さというものが少ないが、ほんのりと甘くって砂糖の摂取を気にせずに食べられるマクロのケーキのよさを再確認することができた。以来、シェフのパトリシオさんが出した「あまくておいしい!砂糖を使わないお菓子」などのレシピを参考にしながら、時々卵と砂糖を使わないお菓子も焼くようになった。豆腐クリームは手がかかるので作ったことがなかったのだが、そういう作業こそ、今日のように時間のある日にトライしなくっちゃ。今から作っておけば明日のデザートにお出しできる。こういうケーキの場合、朝、作っていては定食のデザートに間に合わないからだ。
さて、このケーキの上のクリームは生クリームではなく、豆腐を茹でて水を切りホイップして作ったものだ。ちょっと量が少なかったのでムラサキ芋を焼いてからマッシュして豆乳を加えたものをサンドすることにした。ムラサキ芋の方が量が多いのでほんのりとした豆腐のテイストがわかりにくいのだが、優しい味のケーキに仕上がった。これからもこういうケーキをレパートリーに加えていけば、アレルギーやマクロ食のお子さんのバースデーケーキもお作りできるだろう。これからも時々作って研究してみよう。

|

« スーザンオズボーンのコンサート | Main | 極小粒大豆とヤーコン、リンゴのサラダ »

Comments

ブヒブヒブーさんありがとう。
初めまして。面白いハンドルネームですね。
店の定食は1400円と決して安価ではないので、それに見合う質と量をお届けしていきたいといつも思っています。お料理も全部手作りなので、お作りするのに本当に時間がかかるのですが、お客様からの「美味しかった~」と励みにがんばりたいと思いまーす!!

Posted by: 風楽 | February 12, 2006 at 09:42 PM

今日のデザートおいしかったです。豆腐クリームもいい感じだし、スポンジもシフォンケーキのように弾力がありまた食べたいです。とても手をかけた料理をいただけるのは幸せです。

Posted by: ブヒブヒブー | February 12, 2006 at 06:14 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78167/8612196

Listed below are links to weblogs that reference 豆腐クリームのケーキ:

« スーザンオズボーンのコンサート | Main | 極小粒大豆とヤーコン、リンゴのサラダ »