« カブと粟の豆乳グラタン | Main | ジャガイモのハンバーグ »

February 21, 2006

特価品の器あります

DSC06677風楽のお食事でもたくさん使っている陶芸家の垣野勝司さんの器を預かって展示することにした。といっても今回は作品展と言う形ではなく、今まで作っていた作品を処分するための特別セールとして。作家さんというのはある程度作品が古くなったり、ちょっと失敗したものだったりすると、自ら割ってしまうと聞く。私はそれを聞いた時、とてももったいないなと思った。作り手のプライドや事情というものもあるから素人が安易にそのことをとやかく言うことはできないけれど、作ってから時間がたって処分したいものや、数が半端になってしまったものなど、作家さんさえOKならば喜んで販売させていただきたいと思っている。「どんなものでも捨てる前に一声かけてね」と、私はことあるごとにいろいろな人にお願いしているので、私の回りにはいつもたくさんのモノたちが集まってくる。店を始める時にもリサイクルショップは隈なく回ったし、クリーンセンターへゴミを捨てに行った時は帰りに必ずめぼしい物を拾ってきた。今、厨房で使っているナベの大半はそういうものたちだ。だからサイズがテンでバラバラで収納しずらいのだが、捨てられるハズのモノ達が生き返って、美味しいお食事を作る手伝いをしてくれているのだなと思うとすごく嬉しい。
私が起業する前、何か後押しが欲しくてWWB/JAPAN主催の「市民事業ビジネススクール」を受講しに行った。市民バンク代表の片岡勝さんは数々の著作や講演、大学の講師も務めながら起業する人の背中をどんどん叩いて行く方だ。「一番面白いのは、自分を賭けること。生活を賭け、自分を投げ出してみて自分がどう転ぶか見てみよう」「事業は生き方につながっている。生き方が即商品」・・・そんな型破りなメッセージをたくさん語ってくださった。またコーデイネーターの奥谷京子さんの著作には「ひろう・もらう・つくる お金をかけない起業法」というタイトルの本もあるくらいだ。まさに私はそれを地でいく起業と生活をしているようだ。
*今回の展示陶器はもらいものではありませんが、処分品につき格安になっています。数に限りがありますがどうぞご覧になってくださいね。

|

« カブと粟の豆乳グラタン | Main | ジャガイモのハンバーグ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78167/8770284

Listed below are links to weblogs that reference 特価品の器あります:

« カブと粟の豆乳グラタン | Main | ジャガイモのハンバーグ »