« 砂糖と卵を使わないクッキー | Main | 女たちの書展 »

March 03, 2006

沖縄一休み

DSC067434日間のお休みを取って沖縄に行ってきた。バースディ割引を利用したので片道のチケットは12000円也。いつも沖縄を通り越してアジアに買い付けに行っていたので、今までずっと行く機会がなかった。でも日本の中で一番アジアに近い場所だし、アミニズムが強く残る島だからきっと行ったら好きになるだろうと思っていた。そして日本を一周した後、帰りの旅費がなくなり、リュックのままで島に居ついてしまった息子にも会いに行きたかった。那覇は想像以上に大都会で道路は大渋滞。それでも市内を抜けると海沿いの道が続き、碧い海を見ながら北へと車を走らせた(写真は残波岬の砕ける波)。
魚をたくさん食べ、浜辺をたくさん歩いたけれど、あいにく天気は2日目以外はずっと曇時々雨。行ってみて思ったのは、沖縄時間で過ごすのはとてもこんな数日間では足りないということ。せめて一ヶ月以上の時間を作ってゆっくり滞在したかった。でも予想以上に自分の好きな場所になったので、これから何度でも通いたい。幸い格安のゲストハウスや電気製品つきのウイークリーマンションもたくさんあるので、自炊すれば滞在費もそうかからないだろう。あちこち回ろうとしたので旅をしているのに忙しくなってしまったけれど、包丁を握りながら楽しく働いている息子の姿も見てくることができた。「サトシのママだ~よく来たね~」と島の人たちに温かく迎えてもらい、息子が作ってくれたお造りや握りを食べていたら思わずホロリ。何だかみんな穏やかで優しいんだもの。4月に沖縄の心を歌い続けるデュオ「寿」のコンサートを店で行うが、彼らの歌の中にこんな歌詞がある。「痛みを知った人たちはどこまでもやさしくて 痛みを知ったこの島は何よりも美しい・・・」。彼らの曲が今度はどんなふうに自分の心に響くのだろう。

|

« 砂糖と卵を使わないクッキー | Main | 女たちの書展 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78167/8924488

Listed below are links to weblogs that reference 沖縄一休み:

« 砂糖と卵を使わないクッキー | Main | 女たちの書展 »