« 女たちの書展 | Main | ゴボーのゴマクリームサラダ »

March 05, 2006

テイクアウトのお食事

DSC06464今日、スタッフのアリミちゃんが友達との夕食会で食べるからと、おむすびやコロッケ、クッキーなどをお持ち帰り用のタッパーに詰めて買っていってくれた。ちょっと前のことだが、お客様がお友達とのお誕生日会のお食事に食べたいからと、重箱持参で、お惣菜と玄米ご飯を買って帰ってくださった。重箱に合わせてお惣菜を詰めていったら、何だかとっても風楽のご飯が美味しそうに見えてきた。ランチタイムに店内で食べるのもいいけれど、テイクアウトしたものをお家で気ままに食べたいというお客様も増えてきたように思う。もちろん作りたてが一番美味しいのだけれど、ご家庭の食卓で私達が作ったお食事を食べていただいているのを想像すると、すごく嬉しくなってくる。それに使い捨てのパックを使わないですむのも嬉しいことだ。
マクロビオテイックの第一人者久司道夫さんのお店でもある竹橋の「クシガーデン デリカフェ」では、店内で普通にお食事ができるスペースもあるが、お惣菜とスィーツ用の冷蔵ガラスケースも置かれていて、欲しいものを欲しいだけパックに詰めてテイクアウトもできる。メニューを見ただけでは想像がつきにくい?お惣菜もガラスケースのバットの中に並んでいると食欲がそそられる。それに料理名や材料、グラム当たりの価格が明記されていると、好きなものだけをチョイスできる。もちろんそれを店内で食べることもできる。あのスタイルを見た時、これからはこういう店が増えていくのではないかと思った。残念ながら今の店の設備ではそういうスタイルにはできないけれど、その分、容器を持って買いに来てくださる方がいらして、すごく有難いなあと思う。
テイクアウトご希望の方はどうぞお声をかけてくださいね。そして個別のパーティメニューもご予約でお作りさせていただきますので内容や価格についてはご相談ください。

|

« 女たちの書展 | Main | ゴボーのゴマクリームサラダ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78167/8954165

Listed below are links to weblogs that reference テイクアウトのお食事:

« 女たちの書展 | Main | ゴボーのゴマクリームサラダ »