« わらびの和え物 | Main | グルテンミートと野菜の中華炒め »

May 23, 2006

せっけんの街せっけん仲間入り!

Dsc07563印旛沼せっけん情報センターの若月さんがせっけんを持って来て下さった。酒々井の店でもせっけんは販売していたが、こちらへ移転してからしばらくの間、お店には置いていなかった。でもこのところ、アジア雑貨の販売を減らした分、一階にスペースができたので店で使っている食材やエコ雑貨などの数を増やすようにしている。エコ雑貨でもっとも基本的なものの一つがせっけんだ。風楽で食器洗い用に使っているのは廃油から作られた「せっけんの街せっけん」。河川の汚染原因の75%は生活排水だと言われている。特に廃油による汚染は深刻だ。印旛沼をかつてのようなキレイな沼にするために家庭等で使用された廃食油を捨てずに回収しリサイクルせっけんを製造販売すると共に、せっけんの普及活動をしているのが、せっけん情報センターだ。 市民出資と地球環境基金で千葉県では柏に次いで酒々井町に第2工場を建設した。
一般にお洗濯に使う洗剤のことを粉せっけんと呼んでいるが、界面活性剤が含まれているかどうかで「合成洗剤」と「せっけん」とに分類される。合成洗剤は油を溶かす性質があるので、皮膚の皮脂を溶かし皮膚障害や内臓疾患の原因にもなる。また排水された後も分解されにくいので生態系を破壊してしまうなど、人体にも環境にも悪影響を及ぼすことが多い。
その点、この「せっけんの街せっけん」は廃油に苛性ソーダを加えて釜焚きをし、助剤に炭酸塩を加えた後、乾燥させるというシンプルな製法で作られ、お洗濯やお掃除などにも安心して使うことができる。また台所粉せっけん「萌」はアルカリ剤に重曹を加えてリニューアルされたので、以前よりもっと使いやすくなった。もともとせっけんと重曹を一緒に使うと汚れが落ちやすくなる性質があるからだ。固形せっけん「うてなちゃん」もすごく便利に使える。
粉せっけんというのは地味な商品だけれど、これから風楽の定番商品にしていくので、まだお使いになったことのない方、体にも環境にも優しい石けんをぜひお試しくださいね。

|

« わらびの和え物 | Main | グルテンミートと野菜の中華炒め »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78167/10206862

Listed below are links to weblogs that reference せっけんの街せっけん仲間入り!:

« わらびの和え物 | Main | グルテンミートと野菜の中華炒め »