« 春キャベツが美味しい! | Main | クレッセントセッション »

May 27, 2006

ご馳走を並べて

Dsc07580夕方、おかげさま農場の野菜を買ってからくりもとミレニアムシティへ。今日は月に一回行われるワークショップの日で、参加する人たちは岬町の海岸に行って投網で魚を捕ったりアサリを掘ったりして、収穫物をミレニアムシティに持って帰って夕飯の材料にするというサバイバル?がテーマのワークショップ。私は店があるのでそれには参加できなかったが、今夜の夕食の野菜料理の方の支度を担当することになった。いつもワークショップの時は隣接されている農場「くりもと地球村」の野菜を使っているのだが、今日は私が支度するので、おかげさま農場の野菜をみなさんに食べてもらおうと思って用意した。生活クラブ生協の成田デポーで生ソーセージを買って、大根やキャベツと一緒にポトフ風のスープを煮た。それ以外にも国産大豆のおからで作った卯の花、ヒジキマリネ、青菜にいろいろな野菜を加えた胡麻和えなど作った。岬町で投網の指導をしてくれたのはZAKIさんというミュージシャン。岬町に住みながら自給自足をし音楽活動をしている方だ。SMAPの曲も何曲か作曲している。普段は野菜を作り貝や魚は近くの海から自分で調達するという生活をしているので、6人家族でも食費はなんと16000円!?。その生活ぶりはとても徹底しているので、テレビ局からも取材を受けて放送されたそうだ。何かあったら日本は自給率が低いので必ず食糧難になる。そういう時に自分の食べるものを自分でまかなっていくことができたら、とりあえずは生きていける・・・というのがZAKIさんが自給自足を始めた理由だ。私もそれは日々感じていることなので、少しずつそういう生活に移行していけたらと思っている。そして大切なのはそんな暮らしを仕方なくするというのではなく、むしろ楽しむことのできる生き方を自ら選ぶということ。そのためにはまずお金には支配されない価値観をしっかりと持つ必要がある。最近、そんな生き方をしている人たちに出会うことがますます増えてきた。なんだか日本にも希望が持てそうだ。

|

« 春キャベツが美味しい! | Main | クレッセントセッション »

Comments

いちさんありがとう。
お金には支配されたくないと言っても、やはり生きていく以上、お金は必要なものでもありますね。でもできるならそれに振り回されたくはない。たとえたくさん持ったとしても(それはほとんど有り得ないことですが)、少ししか持っていないとしても、変わらない自分でいたいなと思っています。
お料理教室、また何回ややっていく予定でいますので、機会があったらご参加くださいね。

Posted by: 風楽 | May 29, 2006 at 12:02 AM

私もいつかは野菜を育てて
自分で収穫した採れたての野菜を料理してみたいです。

お金には支配されない価値観という言葉が
ず~んと心に入ってきました。
本当に大切なものってお金では買えないものだと思いますが、
まだまだお金に振り回されている
自分がいます・・・。

風楽のお料理教室に参加したいのですが
どうしても水曜日が休めず、残念でなりません。
いつか参加できる時を待ちます!

Posted by: いち | May 28, 2006 at 10:02 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78167/10268364

Listed below are links to weblogs that reference ご馳走を並べて:

« 春キャベツが美味しい! | Main | クレッセントセッション »