« パラダイムシフトウェデイング | Main | トウモロコシ畑にて »

June 12, 2006

真竹のおみあげ

Dsc07718土曜日のOB会の時に、お世話になったデイレクターの方から真竹と山椒の実のおみあげをいただいた。今回のOB会があるまで、ずっと連絡を取っていなかったので、私が店をやっていることも多分、ご存知なかったはず。でも会の出欠席の連絡に使ったメールアドレスから、うちの店のサイトとブログのアドレスを知り(メールの末尾にいつもURLが入るように設定してある)、あらかじめ目を通して下さっていた。だから会うなり「ずーっと会っていなかったけど、エーちゃん、元気でいい仕事しているねえ。ブログも面白くて夢中になってずっと読んじゃったよ。コレうちの近くで採ってきたから店で使ってね」と一本一本丁寧に包んだ真竹のおみあげを用意しておいてくださった。
早く食べたかったけれど、昨日も出張料理に出かけてしまったので、今朝、竹になってないだろうかと心配しながら?皮をむいてサッと煮ることにした。真竹はアクがなくエグミもないので食べやすい。今日のメニューのグルテンミートの酢豚風の煮物にさっそく加えて美味しくいただいた。千葉よりも都会の横浜で採れた筍をいただくなんて、何だか不思議な気がするが、ご自分で採ってきたものをわざわざ私のために持って来てくださったというお心遣いがとても嬉しい。横浜YMCAのデイレクターの方たちには本当にお世話になった。世間知らずで向こう見ずで甘ったれの私にリーダーという機会を与えてくださった。できない私の泣き言もよく聞いていただいた。いつも自分が一番若くて教えていただくばかりだったあの時代から、時は流れ、気がつけば私の周りには私より若い人たちばかり。いつのまにか自分の方が先輩と言う立場になってしまって、あの時、いただいたものを今度は私が若い人たちにお返ししていく番になってしまった。私が何を伝えていけるのだろうか。私にできることと言えば自分を見つめながらただ真っ直ぐに生きていくということだけ。前を向いて真っ直ぐに生きようとすれば当然向かいくる風にぶつかることもある。それにどう向き合うか・・・。まだまだ迷うことも多いけれど、いただいたものに感謝しながら、「お返し」のできる人生にしていきたい。

|

« パラダイムシフトウェデイング | Main | トウモロコシ畑にて »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78167/10495199

Listed below are links to weblogs that reference 真竹のおみあげ:

« パラダイムシフトウェデイング | Main | トウモロコシ畑にて »