« にわとりひろばの湯浅さんのお宅へ | Main | 新ジャガの煮物たっぷり! »

June 15, 2006

新ジャガ掘りのお手伝い

Dsc07758いつも美味しい野菜を作ってくださるおかげさま農場のお手伝いをしたいずっと思っていた。特に今は夏野菜がどんどん採れる畑仕事が一番忙しい時期。私一人が突然行っても作業がはかどるわけでもないだろうけれど、ネコの手くらいにはなれるかもしれない。昨日、直売所に行ったら、代表の高柳さんの長男であるタケジ君がちょうど当番をしていたので、そうお伝えしたら「いつでも来てください」と言ってくれた。それで今日は私のお休みの日だったので、早起きしてお手伝いに行くことにした。本当は一日中、畑にいたかったのだが、今日は「千葉県民の日」で県内の学校などがお休み。昨年の県民の日はとても忙しかったので、混雑を予測して昼すぎには店に戻らなければならない。とりあえず短い時間だが8時から12時までを目安に高柳さんのお宅へ伺った。
今日の作業は男爵の新ジャガ掘り。タケジ君たちは若い仲間達と「大栄ファーマーズクラブ」を設立し、学校給食に地元の野菜を使ってもらおうと働きかけている。それで今日は給食センターに納品する男爵を収穫するのだそうだ。モンペとTシャツ、地下足袋をはいて首にタオルを巻き、トラックの荷台に乗せてもらって、一緒にじゃがいも畑に向かう。最初に茎を鎌で刈ってからマルチをはがす。その後、一度、鍬で土を掘ってからあとは手でジャガイモを取り、土を落としてコンテナに入れていく。「カワバタさんやけに農作業が似合ってますね~」と言われて素直に喜ぶ私。土に触れているって何て楽しいんだろう。
高柳さんの畑では主に「キタアカリ」を作っているが、それは量が多いので芋ほり機を使って収穫する。でも学校給食用には男爵を指定されているので、それは別に作っていて、面積が小さいのでそこだけは手堀りをするそうだ。午前中は暑くもなく寒くもなくちょうどいいお天気。畑で作業している時に吹いてくる風はなんともいい気持ち。タケジ君と農業研修生のタロウ君、そして私の3人で160キロくらいを収穫し、その後は大きさごとに分別作業。帰りに新ジャガをたっぷり譲っていただいたので、店に帰ってから収穫物!を前に得意気な私の顔をミオちゃんに撮ってもらった。お手伝いに行ったというよりも幼稚園児の芋ほり遠足のような?時間になってしまい、「援農」と言うにはほど遠いが、草取りなど畑仕事はまだまだあるので、これからも時々行かせていただこうと思う。お手伝いできる方、一緒に行きませんか?

|

« にわとりひろばの湯浅さんのお宅へ | Main | 新ジャガの煮物たっぷり! »

Comments

急なお願いです
ミクシィにメッセージしますので
すみません
読んでください

お願いします

Posted by: 璃璃 | June 15, 2006 at 10:16 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78167/10539318

Listed below are links to weblogs that reference 新ジャガ掘りのお手伝い:

« にわとりひろばの湯浅さんのお宅へ | Main | 新ジャガの煮物たっぷり! »