« 今日はパン教室 | Main | 美味しい野菜の元は堆肥作り »

July 17, 2006

丸ごと!大豆のハンバーグ

Dsc07979大豆のハンバーグを作る時はちょっと気合がいる。正直言ってかなり大変なハンバーグだなあと作るたびに思う。だけど、手間をかけた分だけ本当に美味しくて幸せな味のするハンバーグが出来上がる。昨日、浸水させておいた大豆は1キロ。それを半分ずつ分けて一つは粒々感が残る程度の感触に塩茹でする。もう一つは圧力鍋に入れて形がなくなるまで柔らかく煮るのだ。それは粒々とねっとりの両方の触感を持たせることでよりボコボコした美味しいハンバーグにするため。
柔らかく煮た大豆の方はさらにすり鉢の中であたりをつけて、ねっとりさせて、もう一方の大豆は軽くマッシュする。もちろん全部手作業。つなぎは粉も卵も使わない。この茹で加減の異なる大豆に炒めた玉ねギや人参、椎茸を加えてよく混ぜる。固さは大豆の茹で汁を加えることで調整していく。どのくらいの茹で汁を加えたらいいのかというのは手で触って丸めた感触でつかむ。ここまでくればあとは丸めてオーブンで焼いて、椎茸と昆布の出汁で作ったしょうがあんをかけるだけ。やっていることと言えば煮た豆をつぶして丸めているだけなのだが、その丸めるまでが一苦労。お肉で作るハンバーグっていきなり丸められて何てラクなんだろう?っていつも思ってしまう。
他の料理も作りながらだけれど、サッチーと二人でやってゆうに3時間。今日、早くにいらしたお客様にはまだ出来上がっていなくて間に合わなかったくらいだ。
大豆のほんのりとした甘さや優しい味が口に入れた瞬間に広がっていく。うーん美味しい!食べるたびに感動してしまう。多分、いつも作っているどの定食のメインのお惣菜よりも手間だけはかかるお料理だと思う。だからいつもいつもできるというハンバーグではないけれど(多分、1週間続けたら確実に私たちは腱鞘炎になるだろう)、たまにはこんなご馳走も食べていただきたいなと思ってお作りしている。
たっぷり作ったので明日の分もあります(明日の朝はちょっとラクができそう)。よろしかったらぜひ食べにいらしてくださいね。ちょっぴり自慢できるハンバーグでーす!

|

« 今日はパン教室 | Main | 美味しい野菜の元は堆肥作り »

Comments

ファリアさんありがとう。初めまして。
ご夫婦でお台所に立てるっていいですね。ファリアさんがお豆も煮るのですか?
店は自然食レストランという仕事がら、いつも必ずお豆を一品メニューにお付けしています。国産のお豆はやっぱり美味しくて安心!
国産大豆はどんどん値上がりしているようですが、でも一方では真面目に作ってくださる生産者の方たちが増えていったらいいなあと思います。あまり参考にならないかもしれませんが、どうぞ大豆ハンバーグお作りになってみてくださいね。豆の甘さがしっかり生きている美味しいハンバーグです。

Posted by: 風楽 | July 28, 2006 at 07:12 PM

はじめまして、大豆ハンバーグで検索してやってまいりました。

実は今朝5時から小豆と大正金時であんこを煮ていましたら妻が
なんで大豆戻してるの?
納豆無いから作らなきゃに決まってるじゃない
ごめん。納豆動かしたまだある。

すいません。遠いのでお店いけそうにないですけどレシピ使わせてください。

大豆はとよまさりと有機栽培たちながはを使っています
豆乳を絞らないで作るうの花大好きなんです。
国産大豆本当に美味しいですね。

Posted by: ファリア | July 28, 2006 at 07:09 AM

kenさんありがとうございます。
シルクロードに思いを馳せる版画だと谷川さんが聞かれたらさぞかしお喜びになることでしょう。版画は誰がどれを好き・・・ってスタッフ同士でもよく話題にしています。全部がみんな好きな方の手元に届くといいなあと思いますが・・・。
大豆ハンバーグをたっぷり食べていただくことができて作り手としてもとても嬉しかったです。どうもありがとうございました。

Posted by: 風楽 | July 17, 2006 at 08:57 PM

今日は玄米チラシ寿司が食べたくて子連れで訪問しました。お店スタッフが「はっきり言ってお勧めです」と力をいれて宣言された大豆ハンバーグを追加でいただきました。いやあ、美味でした。滋養あふれており見た目もきれいさわやか。結局、おかわりしてしまいました。ブログを拝見してその美味とスタッフの方の自信の秘密が解けました。
フロアに飾ってあった版画の良い意味で無国籍な感じが好きで、買って帰り、お店から駅に至る急坂の下にある田んぼでは、子どもがカエルとバッタを十分に観察することができ、私も子供も楽しめた一日となりました。この版画をみるとシルクロードに思いを馳せると言うといいすぎでしょうか。風楽さん、ありがとうございました。

Posted by: Ken | July 17, 2006 at 08:31 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78167/10982875

Listed below are links to weblogs that reference 丸ごと!大豆のハンバーグ:

« 今日はパン教室 | Main | 美味しい野菜の元は堆肥作り »