« お豆腐ハンバーグ | Main | 祭りの前夜 »

August 31, 2006

鴨川の棚田 大山千枚田へ

Dsc08326_2
18日ぶりにやっと休みが取れた。ずっと店に張り付き状態、それもスタッフが足りなくて、週のうち3回は2人体制でやってきたので忙しさに追われ正直なところかなり疲れていた。そんな時はゆっくり家で休んでいればいいのだが、前から棚田を見たいと言っていた友達が仕事を休んで小田原から来ることになったので、一緒に行くことにした。私は房総を車で走るのがとても好きなので、よくいろいろな友達を乗せてドライブに行く。鴨川の大山千枚田は特に大好きな場所。棚田百選にも選ばれ東京から一番近い棚田としても有名だ。この景観を保存するために田んぼ一枚ずつにオーナーを募り、皆でお米を作っている。鴨川は千葉県でも稲刈りがとても早い地域なので、もしかしたらもう稲刈りが終わってしまったのではないかと心配だったが、刈っていたのはまだほんの一部で、田んぼ一枚一枚、絨毯のように金色の稲穂が風に揺れていた。暑い陽射しの中、田んぼの畦道を素足で歩いて思いきり深呼吸。何度来ても気持ちのいい場所だ。一瞬、ここは日本ではないような錯覚に陥ってしまうそう。
Dsc08323_1

その後、海風を受けながら刺身が食べられるお馴染みの魚屋さんに行ってナメロウやタタキなどの地魚を堪能し美味しいものでお腹がいっぱいになった。そして夕方は館山にある安房神社にお参りに行った。静謐な気の流れる静かな神社でここも私の大好きな場所。昨日、写経を気持ちよく書かせていただけたことのお礼と、自分のお役目を再確認させていただけるよう気持ちを整えて柏手を打つ。
帰り道、夕陽の見える断崖絶壁のカフェで海風に吹かれてお茶を飲む頃には、もう三日月がぽっかりと空に浮かんでいた。やっぱり房総半島はとても広い。走っているうちにあっという間に一日が終わってしまうのだ。
いつでも私は自然の風に吹かれていると魂が充電されていくのを感じるので、忙しい仕事の合間をぬって出かけてしまう。ただただ風に吹かれるために。久しぶりにすごく開放された時間を過ごすことができた。これで今度の土日のお待夜祭も元気に乗り越えられるかな。
Dsc08330_1

スゴイ。画像が3枚も貼り付けられるなんて初めて知った!

|

« お豆腐ハンバーグ | Main | 祭りの前夜 »

Comments

鯛三さんありがとう。
房総は秋晴れどころか真夏日のような陽射しでした。海で泳いでいる人もいましたよ。
私は仕事が好きなので、ほおっておくとずっと仕事をし続けてしまいます。でも時々、無性に自然の風に吹かれたくなって、どこかしら出かけていきます。仕事からちょっとでも離れてみると、すごくリフレッシュされているのを感じるので、やっぱりお休みって必要なんだろうなあと思います。

Posted by: 風楽 | September 01, 2006 at 09:52 PM

今日は本当に気持ちの良い秋晴れでしたよね~
湿気が無く爽やかな風でした。

オイラは、洗濯・掃除して部屋の窓開けて・・・
「気持ちの良い風だなぁ~」なんて感じてました。
大変なのよ・・・単身赴任(+_+)

気持ちの良さそうな写真。良い休みになりましたね。

Posted by: 鯛三 | September 01, 2006 at 04:54 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78167/11709903

Listed below are links to weblogs that reference 鴨川の棚田 大山千枚田へ:

« お豆腐ハンバーグ | Main | 祭りの前夜 »