« カボチャの茶巾絞り | Main | 坊ちゃんカボチャのグルテンミート詰め »

August 08, 2006

ゴーヤカレー

Dsc08116今朝、サッチーが「料理研究家の高山なおみがお料理番組でゴーヤカレーを作っていて美味しそうだったよ」と言っていた。私もことあるごとに行く先々でなぜかゴーヤカレーを目にすることが多い。でも食べたこともないし作ったこともない。レイコちゃんに「ゴーヤカレーって最近、やけに聞くんだけどさ、美味しいのかなあ?」と言ったら「私はゴーヤとカレーは別々に食べたいです」だって。
それで今まで何となく関心はあったのだが、多分、美味しくないだろうと思って引き気味だったのだ。でも料理番組の話を聞いてこれは作ってみるしかないと思って、今日の賄いは実験用に?ゴーヤカレーを作ることにした。でも風楽の定番のカレーのようにスパイスを調合して作るのは時間がかかりすぎるから、とりあえず手っ取り早くできるミックスカレースパイスを使った。にんにくとしょうが、玉ネギのみじん切りをクミンシードで炒めてからカレースパイスを入れてさらによく炒める。そこにトマトとゴーヤを入れて煮込み、最後にガラムマサラを加えた。
ちょっと食べてみたらゴーヤのほろ苦さがかなり強かった。それを調和させるのには何がいいかなといろいろ考えた。最初はカボチャを加えてみた。でもカボチャの甘みが強すぎてゴーヤとカボチャは不釣合い。ちょっと味噌を加えたらまろやかになった。食べていくうちに酸味のきいたものを加えたらもっと味がしまると思って、酢を入れてみたらホントにビックリ!シャキッと味が整い美味しいゴーヤカレーができあがった。
料理の面白いところはそういう瞬間だ。ほんの少しの何かを加えることによってずっと美味しい味に変化していくのだ。ゴーヤの苦さをうまく生かすためにトマトの酸味も必要だけど、お酢を加えることによってよりキリリとした味になっていく。
ゴーヤカレーのレシピをネットで探してみたけれど、ピンとくるモノがなかった。番組のレシピも手元にないから、味見をしながら味を整えていったのだけれど、それによって思わぬ発見ができた。バラバラに食べたいと言っていたレイコちゃんも思わず「美味しい~!」。注意点はゴーヤを最後に入れた方がいいということ。あの独特の歯ごたえを残したいから。
9月2日3日に行われる宗吾霊堂のお祭りお待夜祭の時は夜10時まで営業し店頭でミニビアガーデンを開く予定だけど、ゴーヤカレーでも作ろうかな・・・。

|

« カボチャの茶巾絞り | Main | 坊ちゃんカボチャのグルテンミート詰め »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78167/11343320

Listed below are links to weblogs that reference ゴーヤカレー:

« カボチャの茶巾絞り | Main | 坊ちゃんカボチャのグルテンミート詰め »