« サラダの上にイモ天ふたつ | Main | 最高に素敵だったスーザンオズボーンの集い »

September 10, 2006

朝からお弁当を作り夜はお食事会

Dsc08362親しくさせていただいているあいりん堂さんから朝8時半にお弁当を作ってと頼まれた。通常であればお受けしない時間だが、私一人でできる数だったから朝7時から厨房に下りて一人でお弁当を作り始めた。写真は今日のお弁当。使った野菜は14種類。こういう仕事をしているととにかく野菜がたっぷり食べられるので嬉しい。その後、明日に迫ったスーザンオズボーンの集いのパーティメニューの準備に取りかかる。ほうれん草とチーズのキッシュを3台焼き、青大豆と黒豆と大正金時豆をバラバラに煮て香味野菜をみじん切りにしてビーンズマリネを仕込む。キッシュを焼いた後のオーブンにチョコレートブラウニーを8本入れたら9時半。それから通常の定食の支度にかかった。イベントの前でテンションが高くなっているせいか?けっこうサクサクっと仕事が片付いていく。
そうこうしているうちにあいりん堂さんから、夜に自然農法成田生産組合の農家さんたちと食事をしたいので用意してほしいという電話をいただく。今日は組合で主催する自然農の勉強会の日だったので、店でその打ち上げを兼ねたお食事会をしたいということだった。明日の準備もあるのでできるかなあと一瞬、心配になったけれど、前からお近づきになりたいと思っていた農家さんたちだったので、お受けさせていただくことにした。
この自然農法の会は岡田茂吉さんが提唱するMOA農法から枝分かれした完全無農薬、無化学肥料で野菜を作っている組合だ。店で使っている無農薬野菜のおかげさま農場の栽培方法と大きく違うのは家畜糞などから作った堆肥を畑に入れず収穫された野菜の残渣のみを加えているという点だ。その野菜は虫がつきにくく、ビタミンやミネラルが豊富に含まれているそうだ。もう何年も前になるが一度勉強会に私も参加させていただいた。不耕起栽培で「自然農」を実践している川口由一さんともまた異なる栽培方法だ。
一口に無農薬野菜と言ってもその考え方や栽培方法は様々だ。それぞれの方法に得手不得手もあるから一概にコレが一番とは判断しがたい。でもここ北総地域に有機農業を実践している農家さんが実にたくさんいるというのは事実だ。その方たちのお話をまとめて一冊の本を出版することが私の次の目標でもある。
今日も早朝から夜まで長丁場の仕事になってしまったが、いよいよ明日はスーザンオズボーンの集い。2年ぶりに会うスーザンからどんなメッセージが届けられるのだろうか。来て下さった方たちとたくさんの愛を分かち合うことができますように!

|

« サラダの上にイモ天ふたつ | Main | 最高に素敵だったスーザンオズボーンの集い »

Comments

鯛三さんありがとう。
ハイ。がんばりました。疲れましたが心地よい疲れです。心は愛に満ち溢れ幸せな気持ちでいっぱいでーす!

ハセガワさんありがとう。自然農は本当に奥が深いというか、スゴイものだなあと思います。自然界のバランスを感じることができたら、きっといろいろなことが腑に落ちていくのでしょうね。

Posted by: 風楽 | September 12, 2006 at 02:08 AM

2年ほど前から自然農法に興味を持ち始めました。まだ何も行動に移せずにいますが、いつかはやってみたいなと思っています。本の出版心待ちにしています。

Posted by: ハセガワ | September 11, 2006 at 04:17 PM

もう「頑張って~」としか言えない、多忙ぶり・・・(゜o゜)

Posted by: 鯛三 | September 11, 2006 at 04:00 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78167/11845510

Listed below are links to weblogs that reference 朝からお弁当を作り夜はお食事会:

« サラダの上にイモ天ふたつ | Main | 最高に素敵だったスーザンオズボーンの集い »