« 天川かく也 トルマリン陶器 | Main | ザータルポテトサラダ »

September 21, 2006

赤ジソ寒天

Dsc08266初夏に出回っている赤ジソは梅干の中に入れるだけでなく、赤ジソジュースにして保存しておくといつでも美味しく飲むことができる。今年は夏の土用が雨ばかりで赤ジソがとても少なかった。それで今年は作りそびれてしまったなあと思っていたら、サッチーが自宅用に作った赤ジソジュースを持って来てくれた。それで作ったのがこの赤ジソ寒天。かなり濃いジュースなので倍以上に水で割って寒天だけを加えて作る。自然のものだけでできているのにこんなに鮮やかな色になるなんてとても不思議だ。
シソはジャパニーズハーブの代表的なものだが、漢字で書くと「紫蘇」。ムラサキ色で生命力を甦らせるという語源があるらしい。近年、シソの色素成分であるフラボノイドが免疫力を高め抗炎症作用があることから、花粉症やアトピーにもシソが効くと言われるようになってきた。まして疲労回復の強い味方であり血液をサラサラにしてくれるクエン酸まで入っているのだから、夏は市販のジュース代わりに美味しく飲めて夏バテ予防にもなる赤ジソジュースは優れもの。
おまけに作り方も葉を煮て砂糖とクエン酸を加えるだけでできるという簡単なもの。茎から葉を落として一度よく揉んでアクを出してから、沸騰したお湯の中で葉をゆがく。この段階では、赤かった葉っぱの色は色あせて緑色に変わり、煮汁も何だか黒っぽくてヘンな色・・・。初めて作った時、これが本当に赤ジソジュースになるのだろうか?と一瞬不安になってしまった。でもその煮汁を漉してから砂糖を加えて溶かし、最後にクエン酸を加えたらパーッと鮮やかな赤い色にみごと変身したので大感激!クエン酸重曹と並んでナチュラルクリーニングで大活躍する天然成分だが、赤ジソジュースやイチゴシロップを作る時にも発色をよくするために欠かせないものなのだ。
・・・とまあ、いくら赤ジソジュースのよさを書いても今年はもう赤ジソも終わり。ストックしてあった赤ジソジュースもこれで最後になった。来年はたっぷり作って保存しておこう。

|

« 天川かく也 トルマリン陶器 | Main | ザータルポテトサラダ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78167/11984179

Listed below are links to weblogs that reference 赤ジソ寒天:

» 寒天 [ファーストフード Gメン]
食物繊維やミネラルがたっぷり入った粉末寒天100%なんですよ。京都の老舗「尾崎食品」が実 [Read More]

Tracked on September 29, 2006 at 10:45 AM

» アトピー性皮膚炎改善の秘訣!壮絶なかゆみとの決別! [裏技!無料でノウハウをゲットする方法。]
「まさかアトピーがこんな簡単に改善するなんて、夢かと思った・・・」私がこのサイトを開設した理由。それは・・・・ 「アトピーを改善するのは、簡単なポイントがあったんだ。」 [Read More]

Tracked on October 01, 2006 at 02:56 AM

» 黒酢ダイエット 美味しく飲んで健康生活 [黒酢ダイエット 美味しく飲んで健康生活]
黒酢ダイエット 黒酢はダイエットに効果アリ!と話題。 黒酢は良質なアミノ酸やクエン酸を含むので、ダイエットもサポート! 適度な運動と組合せば効果抜群です。 黒酢とは・・・ 「穀物酢のうち、原材料として米(精白していないもの)もしくは大麦を、酢1リットル当たり180g以上使用し、かつ発酵や熟成によって(黒)褐色になったもの」 太陽の下で壷の中に1年以上寝かせて熟成発酵させて作る黒酢。 ほかの酢と違う理由... [Read More]

Tracked on October 19, 2006 at 10:50 PM

« 天川かく也 トルマリン陶器 | Main | ザータルポテトサラダ »