« 大豆タンパクのから揚げ野菜あんかけ | Main | カンパーニュ »

October 24, 2006

チーズケーキタルト

Dsc08829風楽では種類は多くないけれど、いくつか定番のケーキを作っている。国産小麦粉と素製糖を使い、野菜のケーキの場合は無農薬野菜を使ってもちろん全て手作りしているものだ。その中で最も人気なのがこのチーズケーキタルトだ。さわやかなレモンの酸味と濃厚なクリームチーズがほどよくマッチしていて、とても美味しい。飽きずに何度でも食べられる味だと思っている。このチーズケーキはサッチーの十八番で他のスタッフはサッチーほど手早く上手に焼くことができない。
今日、ミレーからケーキ販売のお話がきた。2年前に無農薬のムラサキ芋を使ってオリジナルのケーキを開発した。ネット販売というのは対面販売ではないので、普通のお店に比べるとお客様の顔も生産者の顔も見えにくい部分がある。幸い私はミレーでずっとライターをしているし、毎週、農家さんに取材に行きメルマガを書いている。自然食レストランをやっていることや私の顔までも?ミレーのサイト上で公開している。そんな気軽さもあったのか、しばらく何種類かのケーキをミレーで販売していただいた。
その後、スタッフの交代の時期と重なり、通常業務の他にケーキを作ることが厳しくなってきて、昨年は納品できなくなってしまった。そして今年。「またあのケーキの取り組みをやりませんか?」というお声をかけていただく。さらにチーズケーキなど新しいケーキも取り組みたいとのこと。
風楽で作っているこのチーズケーキは輸送に適した形ではないので、このままの状態での納品は無理だ。新しい取り組みとなると輸送に耐えられる型を考え、それに合わせた分量を決めて、そこからいつでも同じ味が出せるレシピを新しく開発し、原価を割り出す・・・など考えなければならないことがたくさんある。
そういう商品のシステム化というのが実は私が一番苦手とするところだ。いつも思いつくままにあれこれと好きなモノを作っている方が私の気質には合っている。でもこういうお誘いがあったということは、その苦手とする自分の仕事面での課題に取り組んでいきなさいという流れなのかなとふと思った。きちんと計画を立て分量を決めて採算ベースにのせることをシュミレーションしていくことは、決して無駄な労力にはならない。美味しくて安心して食べていただけるものを、店だけでは出会うことのできないネット上でのお客様にお届けしていくこと。そんな機会をまたいただくことができたのだから、これはもうがんばるしかない・・・ということなのだろうな。さっそく試作してみよう。

|

« 大豆タンパクのから揚げ野菜あんかけ | Main | カンパーニュ »

Comments

ビオラさんありがとう。
ビオラさんは私の計算のできなさ?をよおくご存知のことと思います。
数字の羅列ってそれだけで頭が痛くなってくる~!!
いくら忙しくバタバタって仕事をしていていも絶対に頭痛なんてしない私が、数字とにらめっこをしているだけで、ものの数分でギブアップ・・・。よおし!この機会に数字にも強くなるぞ~!!

Posted by: 風楽 | October 25, 2006 at 08:50 PM

そうそう、えいこさん!
その調子!
風楽さんのお仕事を待ってらっしゃる方達が大勢いらっしゃいますよ。

Posted by: ビオラ | October 24, 2006 at 09:36 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78167/12404715

Listed below are links to weblogs that reference チーズケーキタルト:

« 大豆タンパクのから揚げ野菜あんかけ | Main | カンパーニュ »