« 八方出汁の仕込み | Main | 友達の家で夕食 »

November 21, 2006

カブとブロッコリーのもちあわグラタン

Dsc09141グラタンの基本的な材料はホワイトソースになるバターと小麦粉、牛乳、そしてチーズ。子供たちが小さかった頃はマカロニグラタンが大好物だったのでよく作った。実はグラタンは私の得意料理の一つだった。小麦粉をよく炒めてなめらかなホワイトソースを作り、アサリやエビなどを入れて作るうちのグラタンは、食事をしに来てくれた友達にも大好評でとても美味しかった(自我自賛?)。
それから数十年後?まさか自分がホワイトソースの材料を全く使わないで、野菜だけのグラタンを作るようになるなんて思ってもいなかった。
今日、作ったカブとブロッコリーのグラタンは乳製品を一切使っていない。カブと玉ネギと茹でたブロッコリーをなたね油で炒めて、小麦粉をふり入れてさらによく炒める。そこに豆乳を加えてさっと煮込み味噌で味を整え天板に並べていく。もちろん豆乳と味噌だけで煮ても美味しいのだが、小麦粉を加えることで豆乳にホワイトソースのようなとろみをつけることができる。仕上げに上からもちあわを柔らかめに炊いたものをチーズのようにかけてオーブンで焼いで出来上がり。とても色よく焼けたのでアツアツの天板を外に持っていってお日様の下で写真を撮った。もちあわは雑穀の中でもとても甘みが強いので、野菜と雑穀の甘さが引き立つ優しい味のグラタンになる。
以前はあんなに作った乳製品のグラタンを最近は全く作らなくなってしまった。野菜が本来持っている甘さを引き出す料理をしていきたいと思っているうちに、自分の嗜好も変わっていったようだ。自分が何を大切にしたいのかという基準によって、何を料理したいか、何を美味しいと感じるのかが変わってくるのだと思う。
今の私はカブのトロリとした柔らかさや、その間に点在するブロッコリーの鮮やかな緑をキレイだなあと思うし、小さな種である雑穀の一粒一粒に力を感じる。そしてそれが私にとっては充分に美味しいご馳走なのだ。
でも一年に一回くらいは、チーズがたっぷりのコッテリとしたホワイトソースのグラタンが食べたくなる時もある。
もちろんそういう時は、迷わずに食べちゃうけどね・・・。

|

« 八方出汁の仕込み | Main | 友達の家で夕食 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78167/12772847

Listed below are links to weblogs that reference カブとブロッコリーのもちあわグラタン:

» 暮しと生活にお役に立ちますように・・・・ [料理の知恵]
暮しと料理の知恵をご紹介します。秘伝・コツ・カンどころを満載します。楽しく読んで生活のお役に立てばうれしいです。毎日の生活にお役に立ちますように・・・・ [Read More]

Tracked on November 23, 2006 at 12:17 PM

» ブログ特集 [ブログ情報]
笑えるブログ集 [Read More]

Tracked on November 23, 2006 at 05:39 PM

« 八方出汁の仕込み | Main | 友達の家で夕食 »