« 豆乳チーズケーキの写真撮影 | Main | ヒヨコ豆とカボチャのサラダ »

November 12, 2006

成田の街・人新発見まつり 出店

Dsc09025生活クラブ生協の成田周辺のメンバーが中心となって「街づくり協議会なりた」というグループを作り、地元の人たちと交流できるイベントを企画した。成田市には生活クラブ生協のお店である成田デポーがある。主婦たちが出資し協同で運営する働き方「ワーカーズコレクテイブ」のお店もいくつかある。生活クラブのデイサービスセンターも介護ステーションもある。また隣り町である酒々井には廃食油を回収しリサイクルの粉石けんを作るNPO「せっけんの街」もある。日頃、地域に点在しているそれらの団体が一同に集まって、地元に根ざしたお祭りをしていこうという第一歩が今日の「成田の街・人新発見まつり」だった。
私は生活クラブの契約職員だったこともあるし、ワーカーズコレクテイブに参加したこともあるので、主要メンバーとはもう15年以上前からのお付き合い。かつての仕事場では子連れで仕事をしていたので、彼女たちからは「あの時、裸で遊んでいた子供たちも大きくなったでしょ?」と未だに言われたりする。
会場は成田市にできた最後の大型分譲地「はなの木台」のインフォメーションセンター前の広い芝生。いずれは住宅が立ち並ぶかもしれないが、今はまだ居住者も少ないので地域のイベントなどに開放しているそうだ。私は基本的にはお祭りが好きだし、酒々井のお店の時は毎週のようにイベントに出展していた。でも前ほど時間が自由に取れなくなったので、今回は久しぶりの出店となった。
カレーとおからケーキを持って行ったが、とにかく今日は風が強くて寒かった。大なべから小なべにカレーを移してカセットコンロで温めるのだが、風で火が飛んで全然温まらない。ダンボールで囲ったけれど時間ばかりかかりガスは減る一方。これではほしい方をお待たせしてしまうので、最後はカセットコンロと小ナベを車に持ち込んだ。ドアを閉めて、温まったらすぐに動けるように、カセットコンロを膝に抱え後ろのシートに座る。それで温まったら売り場に走り、カレーを盛り付けて、また注文があったらカセットコンロを持って車に走る・・・をずっと繰り返した。車の中でカセットコンロを抱えながら一体私は何をしているんだろう?って、ちょっと可笑しくなった。でもそうこうしているうちにご飯がなくなってしまったので、祭りの途中だったけれど引き上げることにした。近い場所だったので移動がラクで助かった。
今週末はいよいよ風楽の収穫祭。そこにいるだけで誰かに会って話せたり、何かを見つけたり、そして美味しいものを食べられたり・・・とにかく楽しくて来てくれたみんなが元気になれるような一日にしたい。

|

« 豆乳チーズケーキの写真撮影 | Main | ヒヨコ豆とカボチャのサラダ »

Comments

高橋有希さんありがとう。
風楽の収穫祭の時は農業教室の収穫祭とバッテイングしているそうですね。残念~!来年はぜひ日程調整していらしていただけるといいのですが・・・。
それにしても「火が飛ぶ~」って実感した人でないとわからないかも・・・ですね。よく一酸化炭素中毒にならなかったなあと思います。

Posted by: 風楽 | November 13, 2006 at 10:07 PM

外でのカセットコンロの苦労、とっても分かります。
農業実践教室でも先日、屋外でカセットコンロを使って収穫したてのダイコンとニンジンを入れた豚汁を作りましたが、風で火が飛ぶ飛ぶ!
100円ショップで買ったガス台の廻りに立てるアルミのついたてを立てながらやりましたが、普段の倍くらいのスピードでカセットコンロのガスがなくなりました。
しかし、車の中でひざの上でカセットコンロを使うとは!!大変でしたね。お疲れ様でした!

Posted by: 高橋有希 | November 13, 2006 at 10:08 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78167/12662552

Listed below are links to weblogs that reference 成田の街・人新発見まつり 出店:

« 豆乳チーズケーキの写真撮影 | Main | ヒヨコ豆とカボチャのサラダ »