« 大豆タンパクのうま煮風 | Main | シュトーレンを焼く »

November 28, 2006

新豆の青大豆が入荷しました!

Dsc09178毎年、師走の足音を聞く頃になると届く福島からの青大豆。今年もそろそろかなあと思っていたら、今日、大きな荷物が届いた。福島県喜多方に住む友達タッコちゃんがお母さんと一緒に作ってくれている無農薬の青大豆だ。青大豆と聞いても馴染みのない方が多いが、簡単に言えば枝豆を乾燥させたもの。
店の定食には必ずお豆をお付けしている。大豆、紫花豆、白花豆、虎豆、大正金時豆、福白金時豆、黒豆、小豆、ひよこ豆。そして青大豆。どこかに旅に出た時は、必ず地元の道の駅など直売所を覗いてお豆を探す。長野や福島に行くとその土地でしか採れない珍しいお豆に出会えるので嬉しい。そういう時は荷物が重たくなるのも気にせずに嬉々としてみんな買い占めてしまう。
この青大豆はタッコちゃん自慢のお豆。夏に育った枝豆をそのまま畑に残しておいて、太陽の光で乾燥させて、秋の終わり頃に畑から家に持ち帰り手よりで選別していく。一晩水に浸水させるとふっくらと3倍くらいの大きさになるので、それをゆっくりと塩茹でするだけ。大豆の場合は茹で汁に旨みが出るので、決して茹で煮こぼしてはいけない。アクを取りながら30分もすればふっくらと甘くて美味しいひたし豆が出来上がる。この豆の味を一言で表すとしたら「ひなたの味がする・・・」という感じだろうか。食べ始めたら止まらなくなる美味しさだ。
サラダに入れたり、かき揚げにしたり、お豆ご飯にしたり、お正月だったら数の子と漬け込んでも美味しい。酒々井の店の頃から毎年この青大豆を売っていたので、タッコちゃんの青大豆ファンは多く、「今年はまだ?」とお客さまからもよく聞かれる。タッコちゃんブランド?はこの他、店のおむすびに巻いている青じその塩漬け。一年中、美味しい青じそが保存できるように山からたくさんしそを摘んできて仕込んでくれる。
タッコちゃんとはもう20年来の付き合いになるので、その間、子供を育てながら離婚や引越し、転職などお互いの生活では実に多くのことがあった。だけど二人共、すごく元気で会えば「ガハハハハ~」と大笑いしながら話が止まらなくなる。いろいろあったけれど、いつだって今が一番幸せ・・・そんなことを確認し合える大切な友達だ。
荷物を解いてすぐに袋詰めをし、さっそく今日から店頭に並べた。タッコちゃんの青大豆は1キロ1500円。40キロしかないのであっという間になくなってしまいそうだが、ぜひお試しください。本当に美味しいです!

|

« 大豆タンパクのうま煮風 | Main | シュトーレンを焼く »

Comments

スキピオさんありがとう。
多分、スキポオさんも召し上がっていただいているかと思います。ふっくらと美味しいあの青大豆です。
数に限りがありますが、1キロお取り置きしておきますので、どうぞお時間のある時にでもおいでください。年内年明け共にお休みはありませんのでいつでもどうぞ。

Posted by: 風楽 | November 29, 2006 at 08:37 PM

川端様
すいません1kg、取り置きしておいてくださいますか。
いつになるか分からないけど年内には取りに行きます(いけると思う)。こんな頼み方していいのかな?

Posted by: スキピオ | November 28, 2006 at 11:08 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78167/12856979

Listed below are links to weblogs that reference 新豆の青大豆が入荷しました!:

» ついつい頼んでしまう定番おつまみとは? [オモシロネタを探して検索中!!]
私が心惹かれたネタをご紹介します〜ジャンルは色々です☆遊びに来てください♪ [Read More]

Tracked on December 08, 2006 at 06:42 PM

« 大豆タンパクのうま煮風 | Main | シュトーレンを焼く »