« 綾戸智絵のライヴへ | Main | 三浦大根のアラ汁 »

December 28, 2006

父親の存在

Dsc04976昨日のライヴの後はそのまま渋谷の実家に行って泊まってきた。父と会うのは久しぶり。82歳。会う度に年をとっていくのを感じる。私にとって父というのは本当にコワイ存在で、子供の時から父には心をひらくことができなかった。父は大正時代の裕福な家庭に生まれたお坊ちゃんだ。そのため私を「お嬢さんらしく」育てたいという思いがとても強く、小さい頃から私をお人形のように扱い言うことを聞かせようとした。
こども心にそれがとてもイヤだった私は、どうして父は私の気持ちをわかってくれないのだろうとずっと思っていた。病弱の母は父の言うなりだった。中学の頃には伏せっている母に代わって私が家事全般をやらなければならなくなった。学校の帰りにスーパーに行き食材を買って家族の分の食事を作った。
思春期と重なり、そんな生活がとても苦痛だったのだが、父に対して真っ向から反発することができず、ただ口を聞かないということで意志表明?してきた。私が早くに結婚したのも父の抑圧から逃れたい一心だったのだろう。父の反対を押し切って家出同然で結婚してしまった。あの時、初めて私は父と対峙し、自分の気持ちを父にぶつけることができた。私にとって、それはよかったのだが、世間体や家柄や社会的地位を第一に考える父は自分の納得できない相手の所へ行ってしまった娘に対してずっとわだかまりを持っていたようで、結婚してからはほとんど会わなくなった。
その後、父が心筋梗塞で倒れてバイパス手術をしたり、祖母や母も亡くなり、父と会う機会も増えていった。会えば今でも私に小言を言う。昨夜もそうだ。夜、実家に着くなり「遅くまで何をやっているですか?!」「いつも顔を見せないくせに突然来るなんて・・・」と40過ぎた娘に向かってここぞとばかりに愚痴や文句を並べる。でも私はいつのまにかそれを笑って聞けるようになっていた。親は当然、子供よりも先に年をとっていく。そして親を変えることはできない。真っ白の頭とおぼつかな足取りになった父に今更何を求めようというのだろう。子供の方から歩み寄るしかない。
「人生にとって最大の課題は親に感謝し全てを受け容れることだ」と言った友達がいたが、まさに私にとっての課題もそこにある。昨日は帰るつもりになれば帰れる時間だったけれど、お正月も来られないのだし、せっかく近くまで来たのだから泊まっていこうと思った。今でも価値観の違う父と話すことは私にとっては大変なことだ。だけどこの人がいなければ私はこの世に生まれてこなかったのだ。こんなに楽しい人生をおくることのできる元気な体と、決して賢くはないけれどモノゴトを柔軟に考えられる頭と、いつもワクワクできる心を授けてくれた人である。今、私はこの世に生まれてきたことを本当に感謝している。そのことを父が生きているうちにちゃんと伝えなくては・・・と思って行ったのだが、やっぱり父の顔を見ていると何も言えなくなってしまった。
「一番上の子は何て名前だったかな。まだ学校に行っているの?」何度話しても私の子供たちの名前と年齢を覚えることができない父。「忘れないようにノートに書いておくからね」と父の血が流れている4人の子供たちの名前を順番にノートに書いた。今度は子供たちも連れてこよう。

|

« 綾戸智絵のライヴへ | Main | 三浦大根のアラ汁 »

Comments

璃璃さんありがとう。
女である私たちにとってお互い、父親ってやっかいな存在?ですねえ。私もずっと父との関係について、一体、これはどういうことなんだろう?って考えてきました。だけど、私の場合、母が突然逝ってしまって死に目にも会えなかったので、母にはきちんとした言葉を伝えることができなかったのです。それで、父には生きている間に・・・っていう思いがあって・・・まだ実現できていないのですが。
父に面と向かって話すとなると、大変なことではあるのですが、でも自分の中では生まれてきてよかった、人生って素晴らしいって、心から思っているので、あとはそれを伝えるだけかな・・・なんてね。
やっぱり自分の人生で伝えられなかったことがあった、あの時、そうしていれば・・・なんていう後悔はしたくないですものね。

Posted by: 風楽 | December 29, 2006 at 08:43 PM

あぁ・・って
状態は違えど 感情はよく似ているなって
しみじみ読ませてもらいました、、、、

わたしの父もこの間80歳になりました。。

わたしは 父母の枠から 出られなかった。。。
イヤだな、、って思っても 反抗することが出来ず
言いなりだった。。。。

それが 今でも”子供”であるわたしには わだかまりとなっていることに
父母は気づいていない・・・

一昨日親戚の用事で1年ぶりに会ったのだけど
やっぱり、、えいこさんと同じ・・こちらから歩み寄る自分がいたよ。。

親子って 不思議な繋がりだよね。。。

(えいこさんは お子さん4人いらしたの?

Posted by: 璃璃 | December 29, 2006 at 04:16 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78167/13242493

Listed below are links to weblogs that reference 父親の存在:

» たった1ヶ月で、より感度がよく、ディープなオーガズムを得る女性に変身させた方法!! [2,011人の女性にオーガズムを与えてきた専門家が、プロとなって30年現場で実践して手に入れたノウハウを公開!]
いつも楽しいブログ拝見してます。今度『 2,011人の女性にオーガズムを与えてきた専門家が、プロとなって30年現場で実践して手に入れたノウハウを公開!』というサイトを立ち上げました。とても参考になると思い、トラックバックさせてもらいました。 万が一不要な場合は、お手数ですが削除ください。失礼しました。... [Read More]

Tracked on December 28, 2006 at 11:21 PM

» フコイダンが人間を救う! [フコイダンが人間を救う!]
現在の最先端医療でも治療に限界があるとのことで全国のさまざまな医療機関の医師が沖縄のフコイダンに注目を寄せております。一つの情報としてお役に立てればと思っております。 [Read More]

Tracked on December 30, 2006 at 08:18 PM

« 綾戸智絵のライヴへ | Main | 三浦大根のアラ汁 »