« 年末の仕事あれこれ | Main | 父親の存在 »

December 27, 2006

綾戸智絵のライヴへ

Dsc09436インデイアンフルートを始めとするネイティブな音楽がとても好きで一時期、ずっとそればかり聴いていた。ここ1、2年は女性ヴォーカルのものを多く聴くようになり、特に綾戸智絵はお気に入りのミュージシャンの一人。波乱に満ちた人生であっても、本当に好きなことだけは諦めずに、ずっと歌い続けてきたというその生き方が好きだ。自分の過去も全てOKと明るく話せる前向きさ。そういう人生を生きてきた彼女だからこそ、味わいある歌い方ができるのだろう。
中々時間の都合が合わなくて、ずっとコンサートに行けなかったのだが、今回、スィートベイジルで年末ライヴをやいるというので、迷わず予約をしてしまった。このところ店はヒマなのだが年末に向けて私の仕事は何かと忙しい。それでも昨日は店が終わってから8時間パソコンの前で仕事をしたのだから、今日は大手を振って出かけなくっちゃ~と閉店と同時に店を飛び出した。
スィートベイジルはとてもオシャレで、ほぼ毎日、一流のミュージシャンが出演している私の好きなライヴハウスだ。六本木という立地といいオシャレな内装といい、演出の仕方といい、ここまで充実したライヴハウスは他にないのではないかと思う。初めて生で聴くので前の方に座りたいなあと思っていたが、急いで来ても到着は開演のギリギリ前。2階席となってしまい残念だったが、大きなホールで聴くよりもずっと身近な距離だ。
本当に楽しそうに歌う人だ。ピアノと一体になって体まで踊っている。関西弁でのトークは爆笑ものだが、歌とトークが同じ量くらいなのでもっと歌を聴きたい私としてはちょっとヤキモキ・・・。それに今回は2stの総入れ替え制だったので1st目はやや短めだったような気がする。アンコール曲は「テネシーワルツ」。綾戸智絵が歌うと本当に素敵。いい音楽に生で触れると心がすごく満ち足りて元気になってくる。こういうひとときは私にとても必要な時間だ。

|

« 年末の仕事あれこれ | Main | 父親の存在 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78167/13241640

Listed below are links to weblogs that reference 綾戸智絵のライヴへ:

« 年末の仕事あれこれ | Main | 父親の存在 »