« レンズ豆とカブの柚子ドレッシングサラダ | Main | 聖護院大根とヒエのシチュー »

December 09, 2006

子供たちと夕食に

Dsc09270今日は印西市の女性起業支援講座の講師としてお話しに行ってきた。男女共同参画事業の一貫として開催される講座の一コマだ。年末の土曜日ということで皆さん、お忙しいのか参加者はとても少なくて、こじんまりとした会だった。テーマは「オーガニックを仕事にするということ」。昨年に引き続き2回目の講座となった。お店を開業するにあたっての一連のドタバタ?は、昨年、お話させていただいたので、今回は「オーガニック」とは何か、そしてそれがどう自分の生き方とリンクするのかということについてお話できたらと思っていた。
オーガニック(有機)というのは命が存在する、それぞれが連なり合って共存しているという意味があると私は思っている。私にとってオーガニックとは、ただ自分が健康になりたいから安心して食べられるものを選びたいということだけではない。もっと目に見えない人とのつながりや自然との共生なども含めて「いのち」というものを考えていくための選択の一つだ。大量生産、大量消費、そしてモノの価値の見えにくくなっている時代の中にあって、オーガニックを仕事にしていくというのはかなり大変なことだと思う。顔の見える関係の中で丁寧に作られたものを選び、素材を無駄にせず、資源やエネルギーを大事に使いながら手をかけて料理していくこと。でもそれは残念ながら大量には生産できないし利益も少ない。だけど世の中のこれでもかこれでもかと流れてくる消費文化の情報に惑わされることなく、自分の好きなこと、気持ちのいいこと、納得できることを仕事にしていく方が、余計なストレスを抱えずにすむし、ずっとラクに生きていけるのではないだろうか。そんなことをお伝えしたかったのだが、参加された方たちがどのように受け留めてくださったのかはわからない。
店に昼過ぎに戻ったが冷たい雨が降り出してヒマだったので、店の方はスタッフに任せて私は2階で会計を始めることにした。一年分の領収書や振込みの控えを経費ごとに分類してパソコンに入力していくのだが、毎年、年末から年始にかけての一大仕事となる。始めるまで気が重いのだが、今年こそ、早めに終わらせて確定申告前に慌てることのないようにしたいものだ。
夜は久しぶりに子供たちがみんな揃ったので一緒に食事に行った。それぞれフリーターとは言え働いているので、毎回、食事に行く時は今日は誰が持つかを協議して?私だけがスポンサーにならなくてもよくなった。ちなみに今日は私と次男が折半で出資。お好み握りをバラバラで注文し、海鮮丼、海鮮サラダ、白身魚フライ、石焼ビビンバ、チャーシューの何とか、角煮・・・など各々が好きなものを勝手に注文するものだからテーブルの上はあっと言う間にいっぱいになってしまう(私の食べたいものはほんの少しだけなのだが)。でもたまにはこういう時間もいいのかも。いつもは単なる同居人だと思っている息子たちが、ちょっとだけ子供に見えてくる瞬間だ。

|

« レンズ豆とカブの柚子ドレッシングサラダ | Main | 聖護院大根とヒエのシチュー »

Comments

あゆみさんありがとう。
長男は本当にいい男で母親からみてもいつも惚れ惚れ(親バカ?)。体を鍛えているから、筋力もあるし腰もすわっている。それに物事にあまり動じない強い目を持っている。たくましい奴です。きっと自分の力で人生を切り拓いていくことができるでしょう。しょっちゅう「カッコいいなあ~」と言っています。ちょっと前まで鼻水をたらして手足はカサブタだらで、真っ裸で泥んこしていたのにね・・・。今週、時間が取れそうだったら連絡してみますね。

Posted by: 風楽 | December 10, 2006 at 08:28 PM

風花さんありがとう。多分、私は今、とても自由でラクに生きているのだろうなあと思います。どこにいても何をしていても、自分らしく気持ちよくいられる・・・。今までの人生の中でも、今が一番、いい時間を過ごしていられるような気がしています。ここまで辿り着くのはそれこそ茨の道でしたが?、逃げずに前を向いて歩いてきてよかったなあと今は心から思います。自分がこうありたいという思いをずっと持ち続けていけば、その思いは必ず自分の生きてきた結果として表れるのではないでしょうか。いつかゆっくりそういうお話できたらいいですね。


Posted by: 風楽 | December 10, 2006 at 08:18 PM


 土間のある家でお会いして以来息子君たち会ってみたいです。

 さて、11日から16日までの中で都内にこられるとのこと。

 事前にわかれば携帯にご連絡ください。

 寒暖の差が変化にとんだ時です。

 お互いに気をつけようね。

 

 

Posted by: 長岡あゆみ | December 10, 2006 at 01:24 PM

世の中のこれでもかこれでもかと流れてくる消費文化の情報に惑わされることなく、自分の好きなこと、気持ちのいいこと、納得できることを仕事にしていく方が、余計なストレスを抱えずにすむし、ずっとラクに生きていけるのではないだろうか・・・同感!娘も来年高校卒業。夫の病を機に益々自然志向になる私。ちょっと生き方の方向転換したい・・という気持ちが沸々と沸いてくる今日この頃。電磁波だらけの職場にちょいと疲れ気味です。

Posted by: 風花 | December 09, 2006 at 10:11 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78167/12998738

Listed below are links to weblogs that reference 子供たちと夕食に:

» 初心者でも安心!パソコンを使った最新型ビジネスです!! ∞∞∞ [在宅ビジネス 副業ランキング堂々の第1位]
♪♪♪♪(0^-’)b 主婦・OLにピッタリの在宅ワーク♪♪♪♪    …………☆…………☆…………☆…………☆…………☆…………           〜 女性に優しい在宅ビジネス 〜     …………☆…………☆…………☆…………☆…………☆…………      ∞∞∞ パソコンを使った最新型ビジネスです!! ∞∞∞           ☆お仕事の内容は☆     宣伝業務とダウンさんへ�... [Read More]

Tracked on December 09, 2006 at 11:02 PM

» 厳選無料レポートサイト 優良な無料レポートを紹介 [厳選無料レポートサイト 優良な無料レポートを紹介]
無料レポートを厳選し、私の視点で優良レポートのレビューを紹介します。 [Read More]

Tracked on December 10, 2006 at 03:23 PM

» 病気にならない生き方について [病気にならない 生き方]
はじめまして、突然のトラックバック申し訳ありません。2児の母のまいです。病気にならない生き方についてのHPです。良い記事をアップしますので、宜しくお願い致します♪ [Read More]

Tracked on December 15, 2006 at 11:08 PM

« レンズ豆とカブの柚子ドレッシングサラダ | Main | 聖護院大根とヒエのシチュー »