« スプラウト農園と古民家でのお食事 | Main | 豆腐のマフィンと長男のこと »

January 26, 2007

スタッフと楽しんだ書の教室

Dsc09754夕方からヒーリングアートの先生である大花さんに指導いただいて、アリミちゃん、レイコちゃん、マキコちゃんと私の4人で書を楽しんだ。前にも写経を体験させていただいたり、ヒーリングアートのセミナーをやっていただくなど、大花さんとはとても親しい間柄。今回は写経や仏画など具体的に何をするのか全く予定が決まっていなかった。でもみんなで場を共有すると、とても素晴らしいエネルギーに満たされていくということを何度も経験しているので、心を真っ白な状態にさせたまま大花さんをお迎えした。
いつも大花さんのヒーリングアートは瞑想から始まる。私のチョイスした今日の日にピッタリのモーガンフィッシャーのCDが静かに流れていく。「まず最初に今、心に浮かぶ一文字の漢字を思いつくまま紙に書いてください」と言われる。愛、命、心、魂、歩、祈、道、黎、伴・・・・。その字の中から一文字として私は「歩」を選んだ。それに関するキーワードを思いつくまま並べていく。「共に歩く」「歩く早さで暮らす」「一歩一歩」「着実な歩み」「明日へ向かって歩む」「楽しく歩こう!」etc。そして大花さんが観音さまからのメッセージを伝えてくださり、最後にその一文字を色紙に書いて、みんなで思いをシェアし合った。それぞれが素直な気持ちを文字に託して作品が仕上がる(写真)。たった一文字だけれども、その時に書いた自分の言葉は心からのメッセージ。そしてそこにはたくさんの気づきがあった。涙を流しながら素敵な時間を共に分かち合う。
その後は会場を2階に移してヨガを1時間ほどみんなで楽しんでから、私の作った野菜たっぷりのうどんすきで夕食。心も体も開かれていた後だけに、美味しくって土鍋いっぱいに作ったけれど全部なくなってしまった。
いつも思うのだが、スタッフと仕事を離れても、なおこういう豊かなひとときを過ごせることが本当に嬉しいし幸せだなあと思う。それぞれの命が宝物でありかけがえのない存在。広い宇宙の中でこうした仲間たちと出会えたことに感謝。

|

« スプラウト農園と古民家でのお食事 | Main | 豆腐のマフィンと長男のこと »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78167/13669920

Listed below are links to weblogs that reference スタッフと楽しんだ書の教室:

« スプラウト農園と古民家でのお食事 | Main | 豆腐のマフィンと長男のこと »