« マクロ仕様のお菓子2種類 | Main | いちご農園の取材 »

January 17, 2007

農地探しのお手伝い

Dsc09582昨年の秋頃、風楽を訪ねてきてくれた七沢農園の弓木野さんが、今日、再び千葉まで来ることになった。前回、お引き合わせできなかったおかげさま農場の高柳さんのお宅に伺うためだ。弓木野さんは厚木市で4年間ほど、有機野菜を産直で作り続けてきた。パーマカルチャーバイオダイナミック農法にも詳しく、一人で野菜を作って会員の方に販売もしている方だ。畑にしている場所が道路拡張のため、移転しなければならなくなり、新転地を千葉に求めていろいろ探しているとのことだった。高柳さんに「どこか空いている畑で借りられるような場所はありませんか?」とお聞きしたら、「とりあえずその人に直接会っていろいろ話を聞いてみてからだな」と言ってくださったので、今回、弓木野さんをお宅までお連れすることになったのだ。
高柳さんは朝から3時頃まで時間を取ってくださり、農作業を中断してずっと弓木野さんのお話を聞いてくださった。弓木野さんもたった一人で開拓して生産から販売まで手がけている方なので、その経験談をお聞きするのはとても楽しかった。また学生時代にディスコを作って経営し巨額の収入を得た話や、ネイテイブインデイアンの儀式であるサンダンスやスウエットロッジなども何度も体験してきているので、そのお話は多岐にわたりとても面白かった。
何より関心したのは弓木野さんの農業に対する姿勢やこれからの社会のありようを見る視点の鋭さだ。消費者を単なるお客さん扱いにせず、積極的に農作業にも関わってもらう農業体験の場を作ったり、消費者への啓蒙活動にもきちんと取り組んでいる。高柳さんも弓木野さんの話を「この人は面白いね」と言いながら興味深くお聞きになっていた。そして昼前には空いている畑を案内してくださり、その後はお昼をご馳走になりながら、また話の続きをし、これから弓木野さんの移住を前提に準備を進めてくださるということにまで話がまとまった。
一生懸命農業をしながら、流通や農業政策のことまで視野に入れた高柳さんより若い世代の男性が、この近くに移住して新たに有機農業をやっていけるようになったら、ますますおかげさま農場の周辺は面白くなっていくことだろう。私も弓木野さんを応援したいし、高柳さんにお引き合わせしたことで、今後、話がうまく進んでいきそうなのでほっとした。
弓木野さんとはこれからも長いお付き合いをしていくことになるだろう。精神的なことも含めて、きちんと語り合えるような関係を作りながら、お互いに手をつなぎ、きっと何か一緒にしていけるのだと思う。

|

« マクロ仕様のお菓子2種類 | Main | いちご農園の取材 »

Comments

弓木野さんありがとう。
お話がいい方向に進みそうでよかったですね。私もできる限り協力させていただきますし、移転前にも草刈などできることはお手伝いしますね。近くにいらしたら、何かいろいろとご一緒に活動していくことができそうで楽しみです。弓木野さんは何と行っても「実行力があり、語れる百姓」なのですから、その力を生かして、これからの成田をより面白い街にしていきましょうね!どうぞよろしく!

Posted by: 風楽 | January 22, 2007 at 12:27 AM

いやあ 当日は川端さんにも 高柳さんにも大変貴重な時間お取りいただきまして 本当にありがとうございました 偉そうに言ったところで 新たな場所で農業を始めるということは 選択肢などほぼないのが 今の日本の現状です ひたすら 人様のご好意にすがっていくしか すべはありません
 その意味で 僕は本当に素晴らしい方に 巡りあえたことに感謝しております もちろん 課題はまだまだありますが 少しでもご期待に添えるよう
魂込めてがんばりますので どうぞよろしくお願いいたします この度は本当に 素敵な出会いの演出していただきまして ありがとうございます
帰りは(まじで)うれしくて 泣きながら運転しましたよ・・・

Posted by: 七沢農園 弓木野です | January 21, 2007 at 06:24 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78167/13553354

Listed below are links to weblogs that reference 農地探しのお手伝い:

« マクロ仕様のお菓子2種類 | Main | いちご農園の取材 »