« 甘酒まんじゅう | Main | オーガニック縁日へ »

February 11, 2007

紅心大根

Dsc09886この前、行った農家さんから珍しい野菜をいただいた。紅心大根と言って、原産国は中国。大根を短くしたミニサイズで外見は白いけれど、ちょっと緑がかっているので、最初、見た時はラ・フランスと間違えてしまった。「でも中を切ると赤い色をしているのよ。甘酢漬けにするともっと鮮やかな色になるので作ってみて」と農家さんの奥さんに言われた。そういえば見たことがある野菜のような気がするが、実際に使うのは初めてのこと。
私は新種の野菜や食べたことのない野菜を見ると、とりあえず一度は食べてみたいなあと思う。美味しかったらラッキーだし、新しい料理のレパートリーが広がる可能性だってある。いただいたその日にさっそく甘酢漬けを仕込むことにした。皮をむいて薄くスライスして塩で一度下漬けをしてから、素製糖と酢で作った甘酢に昆布と一緒に漬け込んでおいた。2、3日してからフタをあけてみたらビックリ!スライスした時点ではほんのりとした赤色だったのに、酢で発色したせいか全部、真っ赤な色に変わっていた。昨日の化学変化の話ではないけれど、野菜の七変化?は予測できないから面白い。問題なのは塩加減。大根なのでカブの酢漬けを漬けるようなつもりで塩をふったら、ちょっとしょっぱくなってしまった。大根の辛味まで予測して塩をふればよかったかな。
実際に作ってみなければわからないことばかり。Dsc09896
それで今日の定食の添えに使ったのはこの紅心大根の甘酢漬け。せっかくだからと思って花びらの形に盛り付けたら、真っ赤なバラがお皿の上に咲いたみたいになった。ムラサキ芋のマッシュと紅心野菜の赤。共に鮮やかな色彩だ。お皿がとても華やいだ。
連休だから、すごく忙しいと覚悟していたのだが、予想に反して昨日と今日はお客さまが少なかった。明日こそ、大忙しになるといいな!

|

« 甘酒まんじゅう | Main | オーガニック縁日へ »

Comments

璃璃さんありがとう。
国語の教科書を読むようにじっくり読んでいただいているなんて、光栄というか恥ずかしいというか・・・・。
いつも何を書こうかなと思いつつ、書くことそのものが好きなので題材を探しているのですが、読んでくださる方があってこそのブログです。
こういうお言葉をいただくと、ほっとして素直に嬉しいです。
知らない素材に出会うと私自身も嬉しいので、ワクワクとしたその嬉しさをお伝えしていけたらと思っています。これからもどうぞよろしく!

Posted by: 風楽 | February 13, 2007 at 12:32 AM

わたしも その大根 はじめて見ました。
きっと 出された薔薇の大根を何も言われないでみたら
紫蘇などで 色をつけたのかな、、と思うかなとも思いました。
薔薇の花に形どった えいこさんのアイディアもナイス♪

それにしても
不思議な大根ですね・・・
大根は 白、、っていうイメージが強いから
びっくりしました。

色々な素材を紹介してくださる このブログが大好きです。
えいこさんの誠実でわかりやすい文章も大好きです。
国語の教科書を読むように じっくり読んでいます^^

Posted by: 璃璃 | February 12, 2007 at 12:49 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78167/13869954

Listed below are links to weblogs that reference 紅心大根:

« 甘酒まんじゅう | Main | オーガニック縁日へ »