« 卵と牛乳・生クリームを使わないリンゴのフラン | Main | 白神こだま酵母でおやきを作る! »

March 27, 2007

手染め江戸手ぬぐい

Dsc00311この頃、雑貨類コーナーがちょっと品薄だ。毎年、年に数回はタイに買い付けに行っていたので、その度にたくさんの雑貨を仕入れてきた。2階のギャラリーで期間を限定して、衣類やスカーフ、バック、小物などを展示販売したり、デパートでも年2回、ずっと展示会を行ってきた。でも昨年からデパートの展示会をやめた。レストラン業の仕事は日々買出しや仕込みに追われ、買い付けのために店を抜け出すことが難しくなってきたからだ。それで買い付けは年に一度にして、夏物をほんの少しだけ店で販売することにした。
今年も早く買い付けに行きたいところだが、スタッフの入れ替えなどで当分、抜けられそうもない。原油の値上がりでチケットにサーチャージ代が加算され航空運賃がかなり高くなってしまったし、タイバーツも値上がりしているので、今までのように気軽には行きづらくなってきた。でも4月末までには何としても行こうと思っている。「いつ頃、アジアの服が入るの?」とたくさんの方からお問い合わせをいただいているのだが、もうしばらくお待ちください。
それまでの間、雑貨類がほとんどないので、何か面白いものが仕入れられないかなあと思っていた。それで、日本手ぬぐいを置くことにした。一つ一つ注染という方法で職人さんの手によって染められた江戸手ぬぐいは、柄が何とも可愛らしい。カタログを見ていたら、どんどん注文したくなって、30枚ほど全部違う柄を仕入れることにした。桜や紫陽花、向日葵や牡丹など季節に合わせた柄や亀、トンボ、ネコ、魚なんて柄もあって、見ているだけでも楽しいし、色もバラエテイに富んでいる。
かさ張らないし、吸収力があるので、タオルのようにバックにしのばせてお使いいただけたらと思っている。使い込むほどに柔らかくなり馴染んでくるのが日本手ぬぐいのよさ。私もさっそく一枚、お気に入りを選んだので、バンダナのように頭に巻こうと思っている。サイズは35×90センチ。840円(税込)。よかったらぜひどうぞ。

|

« 卵と牛乳・生クリームを使わないリンゴのフラン | Main | 白神こだま酵母でおやきを作る! »

Comments

スキピオさんありがとう。
私がラオスに行く時はいつも陸路で、北バスターミナルからノンカイ行きの夜行バスに乗って、朝方、国境近くで降ります。まだ暗い中、トォクトォクを拾ってメコン河手前の国境に行き、バスでメコンをわたります。そこで何ドルだったかな(忘れました)払ってラオスに入国。陸路で国境を越えたのは、あの場所が始めてだったので、とてもワクワクしたのを覚えています。旅慣れていない時はチェンマイからルアンパパーンまで飛行機で行っていたのですから、随分と高い旅費を払ったものです・・・なんて書いているうちに、早くも行きたくてウズウズしてきてしまいました。ワットポーのハーブマッサージも受けたいし、屋台でマンゴシェイクをガブ飲みしたいし、チャトチャックのウィークエンドマーケットの中も歩き回りたい!!・・・でも4月のタイは暑くて大変~!

Posted by: 風楽 | March 28, 2007 at 09:08 PM

タイから足を伸ばせばラオスがすぐですが、直行便が無いのが残念かも。飛行機料金はなかなか下がってこないですねえ。東南アジア諸国と一括りにしてみても、手工芸品の上手さと伝統の技量は国によって結構一目瞭然。タイは中でもバラエティに富んでますよね。ジムトンプソンも、その昔は手織りもあり、折り方もきれいでしたが、今は大量生産品が多く、下請けから買い付けてますよね。いやいや、買い物はむずかしい。ほんとに。タイやインドネシアは20世紀初頭から欧州からのインプットも結構ありますから、それも質の向上には大きいですね。

さて、シュタイナーはダビンチのように手帳派のようでレスター手稿のような手帳を残していることを知りました。日本でも連続して展覧会が開かれたこともある。その手帳の絵をみれば、あれは世界観そのもの。船越さんの講演を聴いてから調べてみました。風評で聞いていたより面白い人(シュタイナーさんが)だったようですね。

Posted by: スキピオ | March 27, 2007 at 10:17 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78167/14429158

Listed below are links to weblogs that reference 手染め江戸手ぬぐい:

« 卵と牛乳・生クリームを使わないリンゴのフラン | Main | 白神こだま酵母でおやきを作る! »