« 美味しい椎茸 | Main | 甘酒と豆乳で作ったプリン »

April 19, 2007

海外からのお客様

Dsc00507昨日の夜は海外からいらしたお客様のお食事会があった。案内をされる日本人はお一人。欧米各国からベジタリアンのお客様をお迎えし、国内を観光した後、今日の便で帰国されるとのこと。昨夜は成田空港近くのホテルに宿泊されるので、その前に店で夕食を召し上がりたいとご予約いただいたのだ。そのうちお一人はべジタリアンだが、玄米以外、全く日本食が召し上がれないので、何か別のものを作ってほしいとご依頼があり、一人分だけは洋食仕様に。他の皆さんも全員ベジタリアン。肉も魚も召し上がらないので、かつお出汁ではなく昆布出汁を使うこと、またにんにくと砂糖は使わないでほしいというご要望もあった。
何がいいかなあとメニューをいろいろ考えた。もちろんベースは和食だ。レンズ豆のコロッケだったら、向こうの方にも喜んでいただけるだろうと思いメインはそれにした。最初に定食のトレイをテーブルにお出しした時から、ウワァ~と声を上げて喜ばれ、お料理を召し上がりながらも「オイシイ。ホントニオイシイ・・・」と日本語で何度も言ってくださった。日本人に比べると、海外の方は喜びをジェスチャー付きでストレートに表現してくださるので、わかりやすい。皆さんとっても気に入ってくださり、なぜか「ファンタスティック!」を連発。こちらの方こそ嬉しくて感激してしまった。食後はコーヒーではなくハーブティーを希望されたので、サーバーに入れてお出しし、お好きなカップでどうぞとお声をかけると、また「ナ~イス!」と言って盛り上がり、とても楽しげに笑いながらカップを選んで下さった。
「みんなベジタリアンなのに、こういう食事を食べられる店が少なくて、千葉に来てからはどうしようかと心配だったのですが、本当に美味しかったし、みんな喜んでくれたし助かりました。ありがとうございます」とホスト役の日本人の方からも言っていただいた。
ハーブテイと一緒にマクロクッキーをお出ししたら、「本当に砂糖が入っていないの?」と何度も質問された。カウンターに並べておいて、焼いたばかりの豆腐マフィンとマクロクッキーも大人気で、全部、売り切れてしまった。
私のおぼつかない英語では細かなニュアンスをお伝えすることはできないが、「美味しい」と喜んでいただいている姿は、言葉がなくてもその様子から伝わってくる。美味しいものに国境はないんだなあ、きっと。
夜の予約の時、一人で仕事をするのはちょっと心細いのだが、昨日はそんな気持ちになる隙もないほど、たくさんのリアクションをいただいて、楽しく仕事ができた。

|

« 美味しい椎茸 | Main | 甘酒と豆乳で作ったプリン »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78167/14777118

Listed below are links to weblogs that reference 海外からのお客様:

« 美味しい椎茸 | Main | 甘酒と豆乳で作ったプリン »