« 月心寺の食事訓 | Main | 春の香り »

May 07, 2007

まちづくメディア「すたっと」

Dsc00632数週間前、佐倉市で広告、印刷、プランニングなどの事業を行っている高千穂ネットワークの方からお電話をいただいた。お店の取材依頼だった。より多くの方に店を知っていただける機会になればと思っているので、タウン誌やフリーペーパーの取材は喜んでお受けするようにしている。佐倉市は国立歴史民俗博物館川村記念美術館など、文化的施設がとても多く、歴史と文化と市民活動がとても盛んな街だ。
また佐倉市ではかつて蘭学が盛んな土地であったことから、風車をシンボルにしたりチューリップ祭りを開催したりと、オランダとの交流にも力を入れている。そんな佐倉市にある高千穂ネットワークは、コミュニティ活動をとても大切にしていてさくら塾コミュニティフォーラムなどの組織と協力しながら、よりよい地域つくりを目指したフリーマガジンを独自に発行している。その名前は「すたっと」。A4版カラー19ページの冊子を2ヶ月に一度、制作し配布している。「すたっと」とはオランダ語で「街」という意味だそうだ。地域で活動する人やイベント情報などを誌面に掲載するだけでなく、「すたっとTV」でも放映。情報紙とインターネットが融合した「メディアミックス」による街作りの新しい活動だ。
前の店が酒々井にあったことから、地元の「B-NET子供センター」というNPOにもほんの少し関わったことがある。「すたっと」の協力者の中には当時のメンバーもいるので、さくら塾の活動についてはずっと前から聞いていた。だからようやくお会いできたという感じで嬉しかったのだが、来て下さったカメラマンは初対面ではなかった。昔、生活クラブ生協で働いていた時に、チェルノブイリの子供たちの保養スティのお手伝いをさせていただいた。その時に子供たちの写真を撮っていたカメラマンだったのだ。
「すたっと」の女性ディレクターとカメラマンのお二人での取材。何枚も何枚も写真を丁寧に撮影していただいた。その後も、ゆっくりとランチを召し上がっていただき、取材というよりも、風楽での時間をゆったりと楽しんで下さっている様子にとても好感が持てた。
もっとお話したいなあと思いつつ、今日は私とマキコちゃんの二人体制で、お客さまもずっと途切れなかったので、時間を取れずに残念。でもきっとまたこれからもお会いできるでしょう。人と人とのつながりを改めて発見できた嬉しい一日だった。
「すたっと」6・7月号は6月1日発行。風楽でも置かせていただこうと思います。どうぞお手にとってお読みくださいね。

|

« 月心寺の食事訓 | Main | 春の香り »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78167/14988397

Listed below are links to weblogs that reference まちづくメディア「すたっと」:

» 子供 名前 [子供 名前]
子供の名前特集サイトです。名前のランキングがありますので子供に名前をつける際には参考にしてください。 [Read More]

Tracked on May 08, 2007 at 12:23 AM

» ☆真贋鑑定☆ [あやのアフィリエイトSOHO日記]
こんばんは、AYAです。昨日またショックなメールを頂きました。あやはうつ病なのでショック耐性が弱いの... [Read More]

Tracked on May 21, 2007 at 01:21 AM

« 月心寺の食事訓 | Main | 春の香り »