« インゲンの収穫 | Main | 還暦のお祝い »

June 30, 2007

6月も終わり・・・

Dsc07802紫陽花が雨に打たれながら、色とりどりに咲いている。やはり炎天下の紫陽花よりも、雨にぬれて佇む紫陽花の方が梅雨にはよく似合う。今日で6月も終わり。月末ともなると毎月、家賃や公庫の返済、仕入れ品の支払い、そしてスタッフの人件費・・・・と支出が重なり、毎月のこととは言え頭を抱えている。そんなことを今年に入って6回も繰り返していたら、いつのまにか上半期が終わってしまった。
年度末に憧れの伊勢神宮にようやくご参拝できる機会が得られた。生きていることの喜びを感謝しに行くおかげ参りだ。そしてまたこの一年、お客様に喜ばれる仕事をやらせていただけますようにと手を合わせた。その後、穏やかな気持ちで年明けを向かえ早半年。いつも心に美味しく楽しくありがたく・・・の言葉を刻みながら、仕事を通してより成長していけることを願いつつ、調理場に立つ毎日。いろいろ反省することも多いこの半年だったけれど、明日から始まる下半期に向けて、また気持ちを新たにスタートさせたい。7月からは新しいスタッフが2人来てくれることになった。また一緒にいろんなことを感じ合いながら楽しく仕事をしていけたらと思う。
そして今日、とても嬉しい知らせが届いた。「森のイスキア」主宰の佐藤初女さんを囲む集いが11月3日、店で開催できることが決まったのだ。4年ほど前に、ある団体が主催する初女さんのおむすびセミナーのお手伝いをしたことがある。私の担当はおむすびを握る初女さんの横で助手をやらせていただくことだった。「ふっくらとお米が息ができるように」一つ一つ丁寧におむすびを握る初女さんの手元を真横で見せていただいた。普通のことを肩肘はらずに心をこめてやり続けていらっしゃる方なのだなあととても感動した。
あの時、初女さんにぜひ店にいらしてくださいっ!と思わずお願いしてしまったのだ。「自然食レストランというとても大変なお仕事をよくお選びになりましたね。必ず伺いますのでゆっくりゆっくり待っていてくださいね」と私の手を両手で握りながら初女さんは言ってくださった。映画「地球交響曲」に出演してから、講演依頼が多く、著作も次々と出版され、中々スケジュールを調整していただくことができなかったけれど、ようやく風楽にお迎えできる日が決まったのだ。小さな風楽の店の中でお客様と共に初女さんのお話を伺えるなんて、何て幸せなんだろう。すごく楽しみだ。
*11月3日は夕方4時頃からの講演になるかと思います。おむすびを握っていただけるようお願いしてあります。申し込みの受付はまだ先になりますが、ご希望の方、手帳に印をつけておいてくださいね!

|

« インゲンの収穫 | Main | 還暦のお祝い »

Comments

Yoshikoさんありがとう。
とっても遠い場所ですが、もしお休みが取れるようでしたら、どうぞいらしてくださいね。 Yoshikoさんのお宅からだと、店にいらっしゃるよりもイスキアにいらした方が近いような気もするのですが・・・・。
でもきっと風楽の店内で初女さんのお話をお聞きする時間は、とても温かな気が流れていきそうな気がしています。私もとっても楽しみにしているんですよ。

Posted by: 風楽 | July 02, 2007 at 08:33 PM

伊勢神宮の敷地に入ると時間がゆるやかに流れて、やさしい安心感に包まれるような感じです。穏やかな気持ちで毎日を過ごしたいと思います。
佐藤初女さん、ぜひお会いしたいステキな方ですね。
ぜひお休みを取って、申し込みしたいと思います。
食はいのち.出会いは人生ですね。

Posted by: Yoshiko | July 02, 2007 at 04:55 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78167/15605718

Listed below are links to weblogs that reference 6月も終わり・・・:

« インゲンの収穫 | Main | 還暦のお祝い »