« 宗吾霊堂 紫陽花まつり | Main | お寺でのお茶会 »

June 04, 2007

新ジャガのコロッケ

Dsc05150おかげさま農場の新ジャガがようやく手に入ったので、昨日は雑穀のアワと合わせて煮っ転がしにした。今日はコロッケを作った。コロッケはどこでもとても安く売っているけれど、ジャガイモの泥を落として蒸すところから作るとなると、けっこう時間がかかる。コロッケの料理自体は難しいものではないのだが、大量のジャガイモをマッシュしたり、具を刻んだり、丸めてパン粉をつけたりすると、あっという間に1時間は過ぎてしまう。
今日は新玉ネギと人参を炒めて、グルテンミートを加えたコロッケにした。新ジャガの皮は洗った後、蒸して、そのまま一緒にマッシュしてしまう。本当はキタアカリが粘りがあって甘くて美味しいのだけれど、今の時期はワセジロか男爵しか手に入らない。それでも水分をたっぷり含んでいる新ジャガは蒸している時からいい香りでとっても美味しかった。これからジャガイモが美味しい季節になる。いろいろ具を取り替えて美味しいコロッケをたくさん作っていこう。
昨日に引き続き、今日も大忙しで2時前には全部完売。気持ちいいほどすっきりとなくなってしまった。しかもカレーのストックもなくなりそうだったので、慌てて仕込み始め、ショウコちゃんと二人、バタバタとずっと走り回っていた。
今日はショウコちゃんのダンナさんがお休みだったので、店に一緒に来て、はがれかけている男子トイレのタイルの危ない部分を、上からはがしてくださった。いつかボロボロ~っと勢いよく落ちてきそうで?前から気になっていたのだが、作業をしている時間がなかったのだ。お休みの貴重な時間を割いて、店の作業をしていただけるなんて、ありがたいなあと思う。
今のところ、はがした後に新しいタイルを貼りなおすつもりはないので、上半分が中途半端にはがれている状態だ。なんか廃墟みたいで?面白い壁面になった。時間のある時に色を塗って遊ぼうと思う。

|

« 宗吾霊堂 紫陽花まつり | Main | お寺でのお茶会 »

Comments

通りすがりのkawaちゃん さんありがとう。
タイルをはがす時、交互にはがしていけば、一松模様みたいになって可愛いかも・・・なんて一人で思っていたのですが、はがし方の模様なんて下さらないことを想像しながら、気になりつつ何もしないでいた私に、ショウコちゃんが痺れをきらせて?「早くはがさないと危ないよ~」と心配してダンナさんを連れてきてくれたのでした。廃墟なんてモノは言いようでしょ?その後をどうするのか、またしばらくの間、ただ想像しているだけの時間!?が続きそうですが・・・。

Posted by: 風楽 | June 05, 2007 at 10:21 PM

新じゃがのコロッケのレシピを拝見しました。
皮も混ぜ込んじゃうんですね。
グルテンミートでタンパクの補給するんですねえ。
私も挑戦してみます。
タイルが剥がれておもしろい廃墟って発想がおもしろいですね。
前向きなんですね・・風さんは、きっと!

Posted by: 通りすがりのkawaちゃん | June 05, 2007 at 06:41 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78167/15314435

Listed below are links to weblogs that reference 新ジャガのコロッケ:

« 宗吾霊堂 紫陽花まつり | Main | お寺でのお茶会 »