« お麩と大根の煮物 あんかけ風 | Main | 6月も終わり・・・ »

June 29, 2007

インゲンの収穫

Dsc01019昨日、ミレーから連絡があって、急に一本、取材が入ってしまった。ここ2週間ほどずっと私にはお休みがないので、取材の時間を入れるのがとても難しい。それで急きょ今日の朝一番で取材に行って、昼間までに店に戻ってくることにした。昨日ヒデコちゃんに定食の準備をしてもらえるよう念入りに打ち合わせをして、8時前に家を出た。
今日の取材はミレー農場。収穫間際の坊ちゃんカボチャの取材だった。7月上旬から出荷が始まる。元気に地面をはって青々とした実をつけていた。蔓とつながっているカボチャの頭の部分がコルクのように茶色くなってきたら採れ時。でも地面一面にはびこっているカボチャの蔓の中から(もう地面はほとんど見えない状態!)、収穫適期のカボチャを探し出すのはとても大変そう。
取材が終わった後、もう片付けてしまうというインゲンと収穫前のとうもろこしの下にできているヤングコーンを収穫していっていいですよ~と言われて、大喜びの私はさっそくインゲンの前に陣取った。この畑のインゲンはちょっと早めに出荷した分なので、もう時期が終わりなのだそうだ。それでもまだ柔らかそうなものがありそう。どっかりと土の上に座り込み、葉っぱをよけながら、よさそうなインゲンを選んで摘み取っていった。一つの茎から何本もたわわに?インゲンが実っている。
もし自分で育てた野菜で料理することができたなら、毎朝、こうして畑からインゲンを摘んでくるんだろうなあ・・・なんて思い描きながら、手を動かす。昼前までに店に戻らなければならないので、あまりゆっくりと収穫を楽しんでいる時間がなくて残念。時間さえあったら一日中やっていたいなあ。
でもキレイに軸を残して摘み取るには一本ずつ摘んでいかなければならない。何本も一度に摘もうとすると、どこかが途中でポキンと折れてしまうのだ。おかげさま農場のインゲンはいつも軸から軸まで折れずにキレイに摘み取られている。忙しくても農家さんが一本一本手折ってくださっているのだなあと思った。
夏場はほうれん草などの葉物が少ないので、インゲンやモロヘイアなどの青物が大活躍。今日の定食の青物にもインゲンと人参のごま和えを添えた。

|

« お麩と大根の煮物 あんかけ風 | Main | 6月も終わり・・・ »

Comments

いちさんありがとう。
いちさんもいんげんを収穫されたんですね。今、旬だから、あちこちの畑にはいんげんが実っていますね。
ポキンって途中で折れたりしませんでしたか?
採れたては本当に柔らかくて美味しいですね。私は畑にいる時は、収穫したばかりの野菜を、生のままかじってみるんですよ。新鮮な美味しい野菜は生でも甘いんですよ~。不思議だなあと思います。

Posted by: 風楽 | June 30, 2007 at 09:26 PM

またまたお邪魔します。
私も知り合いの畑で無農薬インゲンの収穫を
やりました。葉っぱをかき分けてインゲンを探すのが
面白いですよね~。

採り立てを茹でるとぷちぷちと弾けるし
すぐに茹って、意外とふにゃ~っとはならなく
噛むときゅっとする。
新鮮な証拠ですね。これも収穫してみて分ったことです。

胡麻和えにしても炒め物にしても美味しいですよね。
お野菜の恵みに感謝しなくては!

Posted by: いち | June 30, 2007 at 10:18 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78167/15597113

Listed below are links to weblogs that reference インゲンの収穫:

» この情報を知ってしまえば稼ぐ事がこんなにも 簡単になってしまうんです。 [このチャンスを逃したらいけません。]
私が今回この情報を公開しようと決意したのは 『以前の私と同じ境遇の人をこの情報で救いたい!』 『あなたの時間と収入が何倍にもなれば、その分、あなたの妻や子供、彼氏、彼女、父母が幸せになれる!』 『本物の情報と出会えた喜びの声が聞きたい!』 そう思ったからです。... [Read More]

Tracked on July 01, 2007 at 10:52 PM

« お麩と大根の煮物 あんかけ風 | Main | 6月も終わり・・・ »