« 菜種の脱穀 | Main | 会場のセッティング »

June 15, 2007

ヤングコーンのサラダ

Dsc00897昨日、菜種の脱穀をした後、とうもろこしを作っている農家さんの畑にミレーの取材で行ってきた。「ゆめのコーン」という甘くてジューシーな品種のとうもろこしだ。とうもろこしはメインとなる一本だけを残して、脇から出てきた二番果は落としていく。まだ若くて未熟な二番果はヤングコーンとして食べられる。でも農家さんにとってみたら、手のかかるヤングコーンまでいちいち出荷してられないので、そのまま畑にほおったままだ。昨日、それをいただいてきたので、今日はサラダにした。
さっと湯がいて丸ごと使おうと思ったのだが、ヤングコーンとしてはかなり成長しており、芯ができているものもあったので、固い部分は実だけ削って使った。ちょっと見ただけだと、雑穀が入っているようにも見えるが、全部、これはヤングコーンの粒。玉ネギとセロリとパセリをベースにして作ったレモンのドレッシングに中にキュウリとインゲンとヤングコーンを入れて和えた。すぐに食べないとせっかくの緑色野菜が酸に触れて、色が悪くなる。それだけがちょっと残念なのだが。
Dsc00898夕方は結婚パーティの買出し。昨日は大量の野菜を買いに行った。今日は生ビール樽やサーバーを借りに行ったり、ワインを買ったり果物を買ったりしたので、車の後ろのシートは荷物が満載!全部を店に運び込むだけでも大仕事だった。夜、かきぴーと最後の打ち合わせをしていたら、お客様がお花を持ってきてくださった。
「日曜日に結婚パーテイをやるんですよ」とお話したら、今、庭にたくさんお花が咲いているから・・・と言ってバケツに4杯もの大量の花を切って持って来て下さったのだ。店内が一挙にお花屋さんのようにぱっと明るくなって、かいぴー夫婦と私で大歓声!とりあえず使っていない大きな樽に水をはってお花を移し変えた。「キレイ~」と「ステキ~」を連発させながら、これでお花代が少しは浮くわ~?!なんてしばらく大はしゃぎしてしまった。
でもお客様が帰られてから床が水浸しになっていることに気が付いた。どうやら樽にヒビが入っていたようだ。3人で大慌てで雑巾を持ち出し床を拭いたのだが、一昨日塗ったばかりの黒ベンガラが水に溶け出して雑巾は真っ黒に!!
数分前までお祭り気分でいたのに、なぜか3人で手と雑巾を真っ黒にしながら床を拭いている姿が可笑しくて、大笑いしてしまったが、こんな調子で明日、結婚式の準備が無事に終わるのだろうか。ちょっと心配・・・。

|

« 菜種の脱穀 | Main | 会場のセッティング »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78167/15445558

Listed below are links to weblogs that reference ヤングコーンのサラダ:

« 菜種の脱穀 | Main | 会場のセッティング »