« トマトとヒエのサラダ | Main | オートミールとトマトのコロッケ »

July 18, 2007

殯(もがり)の森

Dsc06778先週の今頃は慶良間の海の上にいた。台風の前とは言え、とても青く澄んだ海が広がっていた。あれから1週間もたってしまったなんて。日に焼けた顔もすでに一皮むけた。今月はスタッフが二人入ってくれたので、シフトがうまく組めるようになり、週1回は私のお休みがようやく確保できるようになった。取材の予定も入らずお休みだった今日はずっと見たいと思っていた映画を見に行ってきた。「殯の森」(シネマックス千葉での上映は24日まで)。
今年のカンヌ国際映画祭でグランプリを受賞した作品だ。河瀬直美監督の世界観は10年前にやはりカンヌ国際映画祭でカメラドール賞を受賞した「萌の朱雀」の頃から、とても好きだった。その後、結婚、離婚、再婚、介護、出産と女性として様々な経験を経て、3歳になる息子の子育てをしながら今回の作品を制作したそうだ。殯とは敬う人の死を惜しみしのぶ時間のこと。またその場所を表す言葉だそうだ。語源は「喪あがり」(喪があける)。
奈良県山間部の豊かな自然の情景の中で美しく静かに流れていく時間。古い民家を改造したグループホームに赴任してきた介護士真千子と、そこで暮らす軽度の痴呆症があるしげき。真千子は息子を事故で亡くしたことから夫とも別れ、心に深い傷を持っている。しげきは33年前に死んだ妻との思い出を大事に今を生きている。ある日、しげきの妻の墓参りに二人で行くことになるのだが、途中で車が脱輪し、二人は森の中を彷徨い続ける・・・・。
ストーリィとしてはただそれだけ。セリフもすごく少ない。ほとんどが風景の描写と共に、森の中を歩く二人の姿で綴られているのだが、亡くした人を思い続ける、残された者の気持ちがひたひたと伝わってきて、心に静かな感動が広がっていく。
有名な俳優が出演しているわけでもなく、大きな展開があるわけでもない地味な作品だ。だけど今を生きる私たちが忘れてしまいそうなものを思い出させてくれる美しい映画だと思った。二人が彷徨う森の中は沖縄の御嶽と重なる部分が多く、とても神秘的な世界だった(写真は玉城の御嶽)。生と死の間には深い祈りがある。そして人は生きるために祈らずにはいられないから、私たちが安心して祈れるように、古代から様々な祈りの場所が創られていったのだろう。
受賞後の河瀬直美のスピーチがとても印象に残っている。「私たちの人生にはたくさんの困難がある。お金とか服とか車とか形あるものに心のよりどころを求めようとするが、そういうものが満たしてくれるのは、ほんの一部。目に見えないもの・・・誰かの思いとか、光とか風とか、亡くなった人の面影とか・・・私たちはそういうものに心の支えを見つけたときに、たった一人でも立っていられる、そんな生き物なのだと思います」。

|

« トマトとヒエのサラダ | Main | オートミールとトマトのコロッケ »

Comments

「ボルベール」はスペイン映画です。それと、「ステップ、ステップ、ステップ」は原題をMad hot ballroomといい、NY州で撮影したドキュメンタリーです。どちらもハリウッドからは、手法といい中身といい離れていますよ。特に後者の映画は、日本の基礎教育関係者(政治家も含めて)は必見のDVDだと思っています。

殯の森は観に行きたいと思っていますが、千葉市は不案内なので迷いたくないなあ、と思っています。

Posted by: スキピオ | July 20, 2007 at 11:46 PM

スキピオさんありがとう。
「殯の森」はハリウッド映画に慣れていらっしゃる方には、キャストも有名人ではないし、ストーリイ展開も平坦だし、退屈すぎる映画なのかもしれません。実際にいくつかの映画評では、とても退屈で意味がわからないというものもあったようです。
だけど、目に見えない世界や、言葉にならない人間の思いのようなものが伝わってくる美しい作品でした。私はとても好きです。でも好き嫌いは多分、かなり分かれるかと思います。こういう映画がカンヌでグランプリを受賞したこと自体が、これからの社会への希望につながっていくような気がしています。

Posted by: 風楽 | July 19, 2007 at 09:50 PM

慶良間は海の色も綺麗で楽しめますよね。
さて、グランプリだから私も気になっていました、この映画。早めに見に行こうと思いますが、「ボルベール」とどっちにしようか迷います。

殯の森は、ドキュメンタリー手法にも近いのかなと感じます(予告編を見た限りですが)。週末に、「ステップ、ステップ、ステップ」という、ニューヨークの小学校5年生立ちが州のダンスコンテスト優勝を目指すドキュメンタリー映画をみていたので、それとの類似せいもありそうで、惹かれますね。
河瀬直美のスピーチは、なるほどですね。だから、ジブリの作品にも多くの共感が得られるのでしょう。

Posted by: スキピオ | July 18, 2007 at 11:01 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78167/15802686

Listed below are links to weblogs that reference 殯(もがり)の森:

» 北海道 チップ(ヒメマス)のマリネ [ドラゴンストーリー Gourmet Concierge]
 料理 レシピ 食材 花の写真 [Read More]

Tracked on July 19, 2007 at 09:39 AM

» ごまかすの語源 [黒岩のブログ]
良く物事が自分の思うようにいかなくなった際に人間は自己防衛本能からごまかす事をします [Read More]

Tracked on July 19, 2007 at 02:06 PM

« トマトとヒエのサラダ | Main | オートミールとトマトのコロッケ »