« 残暑お見舞い申し上げます! | Main | 森の結婚式 »

August 14, 2007

隠岐へ再び

Dsc01231沖縄から帰ってきてほっと一息つく間もなく、今度は隠岐へ行ってきた。島根県の隠岐諸島は大きく分けて4つの独立した島から成り立っている。島全体が国立公園に指定されていて、美しい景観の島々が海に浮かんでいる。その中の一つ海士町が女性起業コンペ『ama-con2007』を企画したことを知って、何か私も島でできることはないだろうかと、7月に突然、予定を立てて島へ視察に行ってきた。
私は東京で生まれて故郷というものがないので、田舎のある人がとても羨ましかった。そしていつか自分もどこかに帰る場所を作りたいと思っていた。私が田舎の古民家に憧れ、いつか畑をやりたいという気持ちは、年を重ねるごとに強くなる。その選択肢の一つとして海に囲まれた島での生活を漠然と描いていたのだ。
実際に行ってみた島は思っていた以上に自然豊かで人も優しく、移住者に対してもオープンな雰囲気を持っていた。飛行機を使わない限り、かなりアクセスが悪く、新幹線を使っても家から12時間!という難点はあるけれど、とてものんびりとした温かい島だった。
だけど、今の店を開業するに当たっての公庫から借りた事業資金の返済があと300万円残っている。この場所で店をやっていけば、返済も可能だが、島に移住した後もその返済を続けるのはかなり厳しいだろう。それに今の店をまだ閉める気持ちにはなれない。とても魅力のある島でやりたいことがあれこれ浮かんでくるのだけれど、結局、今すぐに移住することはできないと結論に達した。それでもせっかくできた島とのご縁。このまま島との関わりをなくしてしまうのはあまりに寂しい。
島の高台に海を見下ろす小さな廃校があった。その学校を見た時、ここでいろいろなことができるのではないかというイマジネーションが膨らんだ。土壁を塗ったり、ヨガや瞑想のセミナーハウスにしたり、パーマカルチャーの実践場所にしたり・・・・。
海士は半農半漁の島だ。島では米や豆も作られ、隠岐牛というブランドの畜産業も手がけている。第一次産業の資源の豊富な島なのだ。命の源を生み出す「実業」というのは本来、第一次産業であるべきだ。今、経済界の中にある「実業家」という言葉は私にはマネーゲームにしか聞こえない。食べものを調理する仕事に携っている身として、一番、大切なことは日本の第一次産業を推進させる一端を担うお手伝いをしなければならないということだ。自給できる食べ物を持たない国に未来はない。
今まで私が店でやってきた小さなコミュニテイ。地元の農家さんから野菜を分けていただき、地元の食材を中心に命あるお食事をお作りさせていただくこと。それは地産地消の原点で、各地にその和が広がっていったらいいと思っている。
店でやってきたことを拡大して、島の中で地域通貨などを取り入れながら、地元の農産物を利用して何か加工品を作ったり、第一次産業を応援していける食べ物の学校を開いたりできないだろうか。人が集い、モノを生み出し、食べ物の豊かな恵みに感謝しながら、元気になれる場所・・・・。島の人たちと一緒にあの学校をそんな拠点として創っていくことができたら本当に楽しいだろうなあ・・・。
今すぐに移住することはできなくても、何かそういう方向性を見出すお手伝いをすることならできる。迷いながら、正直な現状と共に、ふっと心に浮かんだそんな島のプランをお話してきた。これからどう動きだしていくのか私にもまだわからない。だけど小さな島だからこそ、実践できることがあるはずだ。人口2500人。毎日、一人ずつ島の人たちとお話することができたなら、10年以内に島の人全員と知り合うことができる。そのくらいの大きさにいろいろな可能性を感じる。
帰りの船の出航の時には、ちょうど島にキャンプにきていた子供たちの帰りと重なったので、港には大勢の見送りの人たちがいた。紙テープを渡して船が見えなくなるまで手をふる人たちの姿を見ていたら、たった一泊しただけの私まで泣けてきた。見送ってくれる人たちがいることの幸せ。また行きたいなあと思った。待っていてくれる人たちがいる場所には何度でも行きたくなる。

|

« 残暑お見舞い申し上げます! | Main | 森の結婚式 »

Comments

ふなばし@さんありがとう。
隠岐には早朝の飛行機で行ったので、昼過ぎにはつきました。それでせっかくだから日本海にも潜りたいと思い、ダイビングの予約をしておきました。2時ちょっと前にはボートに乗って沖に出て2本、潜ってきましたよ。さんご礁もなく慶良間ほどの透明度はないのですが、水はとってもきれいでとにかく魚がいっぱい!熱帯魚ではないからカラフルではありませんが、タイやメバル、ヒラマサなどお刺身にして食べられる魚が本当のギッシリ!!港でさえも魚がたくさん泳いでいました。お刺身が美味しいって嬉しいですねえ。ぜひ泳いでみてください。たくさんの島々が浮かんでいて景観も素敵でしたよ。

風花さんありがとう。
うーん・・・ということはジャージきて元気よく接客されているわけですね!ぜひ覗きに行かなくっちゃ~!でもあまりにイメージが違ってどなただかわからなかったりして・・・??これからあえてもう一花咲かせようなんて思ったことはないんですよ。だって、いっつも一花咲かせている毎日ですもの!(・・・なあんて言ってみたいですね。でも半分くらいはそう思っているかも?)

Posted by: 風楽 | August 15, 2007 at 12:50 PM

きのうの風楽さんのコメントに 最近とっても元気になった!30代よりも・・・というのがありますが 女性は50歳くらいから 再度パワーアップするそうですよ。科学的に証明されたようなことが 新聞に載っていました。男の人は ならないそうですが・・・。第二の青春がやってくるそうですから その波に乗って もうひと花咲かせましょう!p.s. 私の仕事は今までと違う仕事・・といえばあっちですよ・・・。 

Posted by: 風花 | August 14, 2007 at 09:57 PM

慶良間でのダイビングだったのですね!ウェット姿とっても似合ってますね。最高の笑顔だし!来年は慶良間行きを予定してるんですよ。とっても綺麗な島と聞きます。徳島には来週末に行きます。四万十川では泳いだことはあるのですが四国の海は初めてなんです。そしてまた宮古島へと!
隠岐にも行かれたのですね。すっごい行動力!!いろいろな夢を現実にもっていかれるその行動力に尊敬です。隠岐の海でオープンウォーターの大会なんかできたらいいなぁ!
チャンスがあったら隠岐に旅してみます。まだまだ国内行きたいところばかりです!サーフトリップもしてみたい!!
夏風邪にお気をつけくださいね。ようやく治りました。

Posted by: ふなばし@ | August 14, 2007 at 09:17 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78167/16111736

Listed below are links to weblogs that reference 隠岐へ再び:

« 残暑お見舞い申し上げます! | Main | 森の結婚式 »