« にんじんゼリー | Main | チャヤマクロビオティックへ »

August 17, 2007

屋上から花火

Dsc01248昨日は神宮外苑の花火大会神宮球場など大都会の真ん中にあるいくつかの会場で、ナイターを見ているのと同じように花火を観戦?しようという催しだ。山の手線内で唯一開催される大きな花火大会で、1万発が打ち上げられる。周囲には建物が多いため、花火の大きさはそれほど大きくはないけれど、会場ではコンサートなどのアトラクションも行われるので、若者には大人気で、チケットもすぐ完売してしまうそうだ。昨日が開催日だなんて、全然知らなかったのだが、偶然にも花火大会を見ることができた。
父が入院して10日ほどになる。先週、私は留守がちだったので、弟が仕事の帰りに毎日、顔を出してくれた。でも今週は弟がお盆休みを利用してミクロネシアのジープという島にダイビングに行ってしまったので、今度は私が1週間、病院に通うことになった。
父は15年ほど前、心筋梗塞で2回目の発作を起こしたのを機に、思い切ってバイパス手術をした。太腿の血管を心臓の周辺に移植したのだ。肋骨を切って心臓を取り出し、一度心臓を止め人工心肺を付けて、周辺の血管を太腿の血管とつなぎ合わせるという大手術(聞いているだけで苦しくなりそう?)。入院したのは六本木にある心臓血管研究所付属病院という所で、父はここでバイパス手術も受けた。
最近になって、心臓の様子がちょっとおかしくなってきたようで、再びカテーテルの検査をした。もう年齢的にもバイパス手術は無理なので、バルーンという風船のようなもので血管を拡大する血管内治療を受けることになった。完全看護だし、食事も自分で食べられるし、トイレにもなんとか行けるので、やることは特にないのだが、顔を出して小一時間ほどお茶を飲みながらなんとなく話をしている。
毎日、店が終わった後、成田から六本木まで行って帰ってくるのはかなり厳しい。往復4時間かかるので、移動時間が長いのだ。でも今日がお休みだったので、昨日は病院の帰りに誰もいない実家に泊まって片づけをすることにした。
病室で父と話している時、急にドカンドカンという大きな音がしたので「かみなりかな?」と思ったのだが、ちょうど父が見ていたテレビで外苑の花火大会のことを知った。あいにく父の病室からは見えなかったが、病院には屋上があるので、帰りにちょっと寄ってみた。
都会の病院の屋上で生ぬるい風を受けながら、ネオンやビルの谷間から上がっていく花火が見える。千葉へ越してきてからは花火大会と言えば、海や川でみるものと決まっていたので、ちょっと味気ないなあと思いつつ、毎日、慌てて病院に飛んできては家に戻る生活が続いていたので、屋上のベンチに座って一人でのんびり花火を見物することにした。病院から実家までは電車に乗る時間を入れても15分とかからないから、帰りの時間を気にする必要もなかった。
小さい時、臆病だった私は花火大会に行っても音が怖くて泣いてばかりいた。あの時、肩車をしてくれた父の匂いを思い出そうとするのだけれど、もう思い出せなくなってしまった。83歳・・・あとどのくらい一緒にいられるのだろうか。花火を見ながら泣いたのは久しぶりだ。

|

« にんじんゼリー | Main | チャヤマクロビオティックへ »

Comments

ぽこ&むーさんありがとう。
マクロビオティックにぎっちりとハマってしまうのではなく、自分の体に合っているかどうか、感覚としてつかみながら、いい部分をどんどん取り入れていく・・・・そんなスタンスで実践していくと疲れないし楽しいだろうなと思いますよ。またお食事にいらしてくださいね。

璃璃さんありがとう。
お父様、今でも現役なんですね。すばらしいじゃないですか!!
回りがなんと言ったとしても好きなことをしているのが一番ですよ。私もずっと仕事をしていたいです。何もすることがないって、多分、すごく寂しいんじゃないかと思います。やりたいことがあるうちは人間、ずっと元気でいられるんじゃないかなあ・・・。

のりぴいさんありがとう。
残暑お見舞いありがとうございました。何年住んでも千葉と東京の距離にはなかなか慣れることができません。都内にいるとどこへ行くにも、すぐに行けてしまうので、その距離感がすごく楽です。もちろん住みたいとは思っていませんが、時間に追われる生活をしていると、ついつい、移動時間がなんとかならないかと焦ってしまうんですね。でもカッコウの読書タイムができてよかったです。

Posted by: 風楽 | August 18, 2007 at 12:58 PM

久しぶりに 穏やかに病室で娘さんとすごす時間。お父様は 嬉しいのでは? 成田からの往復は 大変そうですが えいこさんも 体調に気をつけてね。

Posted by: のりぴい | August 18, 2007 at 03:26 AM

おとうさん・・・心配ですね。。

今の医療はすごいですから
きっとよくなられますよ・・

早く良くなって退院されること
わたしも祈っていますね。。

わたしの父は
80歳で まだ造園業の現役です。
(ごめん、、自慢ではないのです)

こんな暑い日も炎天下で仕事をするし
寒い日も 寒空の下でする仕事です。

弟やわたしは もうやめたら、、と何度も言いましたが
絶対きかないので もうそのままにして
好きなようにやらせてます。

あんまり暑い日が続くと
今頃父は、、と心配になってしまうので
あまり考えないようにすることにしています。。

Posted by: 璃璃 | August 18, 2007 at 01:22 AM

返事ありがとうございます(*^ω^*)本当に体にいいもので作られているんですね。マクロビオティックってこのブログを見て初めて知りました。今度かぼちゃの タルトとチーズケーキ買いに行きますね

Posted by: ぽこ&むー | August 17, 2007 at 11:30 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78167/16149710

Listed below are links to weblogs that reference 屋上から花火:

» 血管内治療の利点 [家庭の医学用語集]
血管内治療は、血管の中に太さ2mm前後のカテーテルというチューブ状の治療器具を入れて、メスを使わないで病気を治療する方法です。カテーテルは、主に太ももの付け根や肘の内側、それに手首の動脈や静脈の血管から挿入されます。カテーテルは局所麻酔により挿入するので、ほとんど痛みがありません。血管内治療の利点は、「局所麻酔で行うことができるので、全身麻酔が難しい高齢者なども治療が可能」「患者の身体の負担が軽い」「入院の期間が比較的短い期間ですむ」などです。一方、欠点は、「病状によっては目的の血管までカテーテルが... [Read More]

Tracked on September 11, 2007 at 11:56 PM

« にんじんゼリー | Main | チャヤマクロビオティックへ »