« 大花菩礼ヒーリングアート | Main | 母の抹茶茶碗 »

August 21, 2007

ジャガイモの煮物アワあんかけ

Dsc01263ホクホクのキタカカリを煮た。ジャガイモの中でも一番大好きな品種だ。ほっこりしていて甘くてコクのある美味しいジャガイモ。雑穀を炊く時はいつも多めに炊いて、冷蔵庫にしまっておく。そうすると次の日には、すぐ使えて便利だ。昨日、米ナスにモチキビをはさんでフライにした。その時に炊いたモチキビがあったので、今日はジャガイモ中に入れて一緒に煮ることにした。もっちりした感じのトロミがついて煮物がより美味しくなった。
昨日は枇杷温灸の日だったので、夕方、施療していただいた。連日の病院と実家の片付けに追われていたけれど、疲れているという実感は全くなかった。だけど施療の後、どーっと疲れが出てきたようで、昨日は早く寝てしまった。久しぶりに家にいられたから気が緩んだのかもしれない。
実家はモノであふれている。父はモノを捨てない人だ。それにワをかけるかのように冠婚葬祭やご進物などいただきものが多い家なので、家の中は箱でいっぱい。そして人の歩くスペースをどんどん侵食し、泊まる時、私の布団一枚敷くスペースがないほどだ。今、それらを整理しに実家に通っている。新しいものでも使えそうにないものはどんどん捨てているし、店で使えそうなものは行く度に担いで持って帰ってくる。昨日は未使用で箱に入ったまま何年も置いてあったコーヒーメーカーとジューサーを見つけたので持って帰ってきた。
その他、新聞、雑誌、機関紙、郵便物、父の服やネクタイ、デパートの袋、病院の薬・・・・いつのだかわからないコーヒーや紅茶、日本茶、角砂糖などの詰め合わせも箱の山になっている。それらを必死になって片付けているのだけれど、あまりにモノが多すぎていっこうに作業は進まない(片付けが手早く得意だと自負している私が、ガラクタの前で手も足も出ないまま呆然としているのはちょっと悔しいのだが・・・・)
そんなことを仕事が終わってから、連日繰り返しているものだから、やはり体の奥の方は疲れがたまっていたのだろう。今朝、起きたら、珍しく体がだるくて重たかった。まだまだ気の長い仕事だけど、父が退院する来る前に全て終わらせなければ・・・。父が目の前にいたら、絶対に捨てさせてもらえなくなると決まっているからだ。
あふれるモノって、本当にゴミと同じだなあと思う。年を経るに従って、モノを持たない暮らし、モノに押しつぶされない暮らしをしていかなければ・・・・と実家に行く度に思う。

|

« 大花菩礼ヒーリングアート | Main | 母の抹茶茶碗 »

Comments

璃璃さんありがとう。
増えても差し支えないもの・・・私は本とCDかなあ。好きだから。
だけど場所を取るのはちょっとイヤだから本は今のところほとんど図書館です。今、ある本だけでもかなりの量なので。
下着と口紅か・・・なんか色っぽいですねえ。私、両方とも縁がないなあ。ってことは私、色っぽくないってコトなのかもね?!

Posted by: 風楽 | August 22, 2007 at 08:22 PM

同感です・・

本当に必要なものだけがあったらそれでいい・・・
箱や缶などはとっておいても場所を占領するだけで
どんどん住みにくくなってしまいます。
掃除も 手がかかるようになるし。。。。

今の所
少々増えても差し支えないのは
下着と口紅だけかな、、っていうのがわたしの信条。。^^

わたしも捨てる派ですが
ゴミ箱のなかからそれが拾ってあったりすると
うんざりします。。
(愚痴ってごめん、、)

今は来年のことだけを希望に
毎日を過ごしています。

お父さん、、早く元気になられますように
お祈りしてますね・・・

Posted by: 璃璃 | August 21, 2007 at 01:26 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78167/16188982

Listed below are links to weblogs that reference ジャガイモの煮物アワあんかけ:

« 大花菩礼ヒーリングアート | Main | 母の抹茶茶碗 »